2009年10月31日

書の心

091030.jpg 先日の国語科「書くこと」指導講座の二日目にかいてきたマインドマップです。
二日目は書道実習だったので、あまりマインドマップをかく余裕がありませんでした。講師の浦郷先生が、はじめに『書の心』と題して講義してくださったものをメモしたものです。
 はっきりいって私は文字を書くのが苦手です。苦手というか、下手です。壊滅的な文字を書いていました。数年前に某通信教育でペン字をやったのですが、挫折しました。
 しかし、今回の講義と演習で、文字に対してかなりポジティブな見方ができるようになりました。

 特に印象に残ったことは
・最古の文字はメソポタミアの文字であるが、それは死滅した文字である。漢字はメソポタミアやエジプトに遅れて発明されたが、甲骨文字の頃から微妙に形は変化してきたが、継続して使用されている文字である。
・中国では略字が多く使用されるようになってきているため、日本人のほうが漢字を多く知っている場合がある。
・行書や草書よりも楷書のほうが新しい文字である。

という事でした。
 行書や草書は楷書を崩したものだと思い込んでいたのですが、どうもちがうようです。これにはかなり驚きました。

 演習ではかなりの枚数を書きました。子どものころあれほど嫌いだった習字が、おどろくほどおもしろかったです。昔は、どんなに気合いをいれてかいても絶対に手本に近づくことがなかったのに、それなりの字が書けるようになっていました。
 あくまでも私の勝手な想像なのですが、マインドマップをかくようになり、イメージ力がついてきたからではないかと思っています。


 
posted by まえた at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

学校の問題

091029.jpg児童会で校内の諸問題について話し合うために、学級で意見をまとめてみました。まず、グループでマインドマップをかき、それを発表したものを聞いて私が書記となって黒板にまとめていきました。

ある程度までマインドマップが成長してくると、グループでの話し合いでは出なかった意見がどんどん飛び出してきます。

ブランチのつなぎ直しの意見もたくさん出ました。

まとめてみてわかったことは
@問題となっていることは「友達関係」「過ごし方」「スクールバス」の3つに大別できること。
A友達関係では「いやなこと」や「下学年との関わり」に問題が生じていること。
B過ごし方では走っては行けない場所で走る人が未だに多いこと。また、立入禁止の場所に入っている人がいること。
Cスクールバス乗車のきまりがまもられていないこと。

です。


明日の代表委員会ではこのマインドマップをもとにして5年生の代表が意見を発表するわけです。

おそらくどの学年よりもまとまった発表ができるでしょう。

それぞれの解決法もマインドマップで考えていったら話し合いもはずむのですが・・・・・明日、担当の先生に話をしてみよう!



掲載したマインドマップは黒板にかいたマインドマップを私が清書したものです。

2009年10月27日

国語科「書くこと」指導講座

091027.jpg 本日と明日、県の総合学校教育センターで『国語科「書くこと」指導講座』を受講しています。
 初日の今日は、講義と実践発表でした。もちろん気合いを入れてマインドマップをかきながら話を聞いてきました。
 午前中の指導主事の講義は話の組み立てが上手なのでとても聞きやすく、マインドマップをかくのに全く困りませんでした。掲載しているのがそのマインドマップです。
 あまり上手でない講義をマインドマップにすると、話が前後するので何度もペンを持ち替えることになります。上手な講義をマインドマップにしるとそれがほとんどないのです。まるで速射マップを見ながら清書しているようにスムーズにかけてしまいます。
 午後の実践発表もマインドマップにしたのですが、限られた時間の中で多くを伝えようとしているのでこちらもかなり急ぎ足でマップを描くことになりました。そのためあまりアイコンやイラストがないカラー速射に近いものになりました。

 センター等の研修でマインドマップをかくときは、意識して休憩時間にマップを机の上に放置しておきます。
 情報感度の高い方は興味を持って私のマップを見ています。もちろん直接私に質問してくる人もいます。
 今日も何人もの受講者が私のマップを見ていたのですが、真っ先に食いついてきたのはセンターの指導主事でした。さすがですね。

 明日はほとんど書道実習なのですが、最初にちょっとだけ書道とはなんぞやという講義があります。また、たのしくマップをかいてきます。
 そして、私が最も苦手とする「毛筆」を、なんとかそれなりにしてきたいです。
posted by まえた at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

和紙の心 意味調べマインドマップ

2009年10月01日10時11分01秒.jpg学校図書5年下の説明文教材「和紙の心」の意味調べマインドマップです。

全学級担任がトライアル講座でマインドマップを学んでいる本校で、現在もっとも浸透しているマインドマップの活用です。

以前にも書きましたが、意味調べマインドマップの利点は

@辞書を丸写しするのではなく、自分なりに整理して書く。
A発表するときは脳内で文章を再構築する。
B1枚に見える化できる。

ことです。

ある学年では鉛筆だけでかいていました。
そこで、私はカラーでかくことを強く進めました。カラフルにしたほうが脳が喜ぶことはすでにトライアル講座で伝えているので、違ったアプローチをしてみました。

「色分けした方が、後で見るときに絶対に目で追いやすいよ。」

このアドバイスはかなり効果があったようです。次の単元からはカラーになっていました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。