2010年06月27日

マインドマップに目を慣らす #mindmapJP

写真.JPGこのマインドマップは2年生に補充に入ったときに黒板にサラサラっとかいたものです。最初の頃はマインドマップって何?という感じだった児童も、私がクマをかき始めると「あ!マインドマップだ♪」と言ってくれるようになりました。

こちらから押しつけるようなことはしません。でも、さりげなく児童に定着させるようにいろいろと仕掛けています。補充に入ったときに1日のスケジュールや1時間の流れをマインドマップでかくのもそのためです。

いつもは指示をかくだけだったのですが、このマップの左側のブランチは、児童が発表した物をサブブランチにのせています。短い時間でしたが、子ども達は大変活発に発表してくれました。

もう少し時間が経過して、担任の先生の方から「そろそろマインドマップをやってみたいのですが…」と来たときに、2年生の発達段階に応じた内容でマインドマップを教えたいと思っています。








にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






posted by まえた at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

鎌倉時代の出来事をまとめたマインドマップ #mindmapJP

20100624160628.jpgこのマインドマップは児童がかいたものです。一人でかいたものではなく、数人でワールド・カフェをしながらかいたものです。各グループ毎に与えられたテーマでワールド・カフェを行いました。このグループのテーマは「出来事」です。

5分ごとにテーブルホスト以外のメンバーを入れ替えて、4回目にオリジナルメンバーでまとめたものです。5分×4で20分でまとめています。短期勝負なので、美しさも丁寧さも求めていません。最低限あとから読めるくらいのクォリティでかくように指示しています。

その後にマインドマップを元にしてグループ毎に文章化してまとめます。この場合のマインドマップは中間生成物なので、これで終わってしまってはもったいないのです。マインドマップを知らない相手にでも理解できる形にすることができて、初めて学習のまとめとなるのです。

まとめるにあたって文字数の制限をつけました。100文字以上140文字以内です。140文字という数字は当然ツイッターを意識しています。

ワールド・カフェで場が暖まっているし、全員の脳に学習内容がインプットされているので文章化の話し合いも驚くほど活発です。たまたま参観に来ていた学級担任が心底驚いていました。そして書き上がったまとめの文章がこれです。
鎌倉時代は武士が登場し武芸に励みながらも領地を守った。それに比べ、貴族は華やかな生活をしていた。兵力を上げて武士は戦った。元との戦いははげしい戦いになり、暴風雨により大陸へ引き上げた。元と戦った武士達はほうびをもらえず不満を感じた。幕府と武士のご恩と奉公の関係はくずれた。

ちょうど140文字です。
貴族に触れずに鎌倉幕府成立に触れて欲しかったのですが、それは他のグループのまとめ文に登場しています。

ワールド・カフェで話し合うことにより複数のテーマを並行して話し合っても、思考が学級で共有できているので短時間で効率的に学びが深まります。

活気あふれるワールド・カフェの様子は私のつたない文章ではつたわらないです。是非10月の授業を見に来ませんか?







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






2010年06月23日

授業の指導略案マインドマップ&全脳チャート #mindmapJP #zen_noh

100623.jpg最近、社会科の授業の指導略案をマインドマップ&全脳チャートでかいています。普段は殴りがきマインドマップ&全脳チャートなのですが、今日はブログに載せよう!と思ったのでちょっとだけ丁寧にかいています。実用重視なので普段はスタイルフィット5色×2でサラサラ〜っとかいています。

かき始めた頃は全脳チャートとマインドマップを別々の紙にかいていたのですが、そうすると一覧性がよくないので最近は1枚に納めています。セントラル・イメージをそのまんま全脳チャートにしたこともあるのですが、メインブランチを伸ばしてしまうとその部分に全脳チャートの加筆がしにくいし、クマがかけなくなるので、その方法はやめました。

また、全脳チャートを大きく、マインドマップを小さくかいてみたこともありましたが、やっぱりマインドマップのほうがかき慣れているので今のスタイルに落ち着きつつあります。

セントラル・イメージをかいて全脳チャートのマトリクスをかいて、120%ハッピーにする相手をかいて、曲線をかいてから、授業のプランを練り始めます。

あとは、自分の脳に任せて自由に発想しています。マインドマップにいったり、全脳チャートにいったり。だいたい15分以内(このマップはちょっと丁寧にかいたので25分くらい)でかき終わります。

10月に行う公開授業の指導細案も基本的に同じ方法で作る予定です。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年06月20日

初公開!?殴りがきマインドマップ #mindmapJP

20100618084454.jpg最近ツイッター上で「セントラル・イメージがうまくかけない!」とか「ブランチがうまくのばせない!」いうツイートを見ることが多いです。これらは書籍や雑誌等、メディアに露出しているマインドマップがどれもこれも素晴らしく、美しいからではないかと言われています。
私もミニマインドマップにちょっと手を加えた程度ですが、それなりに見栄えのするマインドマップを多くブログに載せています。
しかし、実際はフルマインドマップの前段階のミニマインドマップや殴りがきマインドマップもたくさんかいています。というか、殴りがきマインドマップの方がはるかに多いです。


20100618084457.jpg
では、なぜ殴りがきマインドマップをブログに載せないのか?それには3つの理由があります。
1 打合せや議事録のマインドマップが多いためネットでさらせない。
2 基本的に使い捨てのことが多い
3 どうせブログに載せるなら余所行きを載せたい


今回たまたま授業前の教材研究で殴りがきしたマインドマップが捨てずに残っていたのでブログに載せてみました。これは模造紙マインドマップの下書きと言うよりも、授業の指導案に近く、はっきりいって私以外にはわからない内容です。でも、マインドマップとはもともとそういうものだと思います。



DSCF0823.jpg
上の下書きマインドマップをもとにして、授業中に児童と対話しながらできたマインドマップがこの2枚です。児童がかいたものには更に多くの情報や気づき、思考が記されています。


DSCF0824.jpg殴りがきマインドマップは鉛筆でサラサラ〜っとかいているのでうまくスキャンできませんでした。基本的に何かの裏紙にかくことが多いです。やっぱり恥ずかしいので、殴りがきマインドマップをブログに載せるのはこれで最初で最後にしたいと思います。








にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年06月18日

たのしいマインドマップスキーアワー #mindmapJP #zen_noh

100617_2.jpgセントラル・イメージはアダムスキーUFOに乗ったドストエフスキークマです。ツイッターで毎週月曜日と木曜日の夜に『マインドマップスキーアワー』という会合?が開かれています。マインドマップが好きな人が、ワイワイがやがや楽しく語り合っています。公認インストラクターの方々も参加しているので、普段疑問に思っていることや困っていることを質問できます。これは、考えてみればとてもすばらしいことです。プロのアドバイスがフリーでもらえるのですから!参加されているインストラクターの方々は、みんなとても親切です。

さて、昨日のマインドマップスキーの前に「あたらしい人がマインドマップスキーに参加!」という全脳チャートをかきました。
全脳チャートにかいた通りの時間に、かいた通りのツイートをしたところ、たくさんの方が新たにマインドマップスキーに参加して下さいました!そうなることは全脳的にわかっていたのですが、おもしろいやらぞくぞくするやらで普段以上に興奮したマインドマップスキーでした。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13台のiPadを!森永贅沢妄想コンテスト #mindmapJP #e_textbook

森永の贅沢妄想コンテストに応募しました。
 http://www.zei-taku.com/gallery.html

妄想内容は
iPadを13台購入して小学校の授業で使いたい!本を読んだり、資料を見たり、動画をみたり…自由な発想の子ども達に自由にiPadを使わせたい!大人の想像を超えた使い方が出てきそう。もちろん私も使いたい。考えただけでワクワクする。残金で必要なアプリを購入。

です。

このコンテストの上位10名に選ばれるともしかしたら100万円の資金がもらえるかも知れません。

おそらくそんなに遠くない将来にタッチパネル式のデジタルガジェットが学校で使われるようになるでしょう。

しかし、財政が厳しい地方の僻地ではかなり遅くなることが予想されます。

このブログで数々の電子教科書についての妄想マインドマップを紹介してきました。
iPad教科書を妄想したマインドマップ
電子教科書の妄想マインドマップ2
児童が考えた電子教科書マインドマップ
電子教科書5つのキーワードマインドマップ
電子教科書導入後の小学生の1日妄想マインドマップ

これらを完全に実現するにはまだまだかかりそうですが、かなり近いことを実現できるチャンスなのです。

皆さん応援してください!投票して下さい!
コンテストサイトの検索窓に kumaya77 と入れると、私の妄想が出てきます。そこで1日1回投票できます。0時を過ぎると何度でも投票できます。

子ども達にワクワクを!


posted by まえた at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

1年生でのマインドマップ実践 #mindmapJP

DSCF0829.jpg久々の黒板マインドマップです。今日は一年生の担任が午後から出張だったので補充に入りました。何をやるかをただ板書しても楽しくないのでせっかくだからマインドマップでかきました。

大喜びでした。しっかりと黒板をみて次の作業を確認していました。

1年生はマインドマップ以外にもたくさん学ばなければならないことがあります。直接かく指導はまだやる予定はありませんが、目をマインドマップに慣らしておきたいなと考えています。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

学校訪問の全脳思考チャート #zen_noh

20100616130134.jpg明日の学校訪問で訪問者を120%ハッピーする全脳チャートをかきました。Baby Stepは説明の時に読むメモマインドマップを綺麗にかくことです。

正直な話、学校訪問はどちらかというと大変な行事です。できれば避けて通りたいです。しかし、今回は何となく楽しみです。こんな気持ちになれただけでも全脳チャートをかいて良かったです。
posted by まえた at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マインドマップロード #mindmapJP

DSCF0825.jpg6年生の教室の隣にある学習室前の廊下に今年度にはいってから社会科でかいたマインドマップを貼りました。ツイッターで紹介したところ @10njun さんに「マインドマップロード」と名付けていただきました。

昨年度までは学級担任だったので、自分の教室に貼っていたのですが、今年度からは教室がないため、学習室に貼っていました。ちょっと残念だなと思っていたのですが、よくよく考えるといろいろな利点が見えてきました。

そのうちの一つが全てを貼れるということです。
学級担任をしていたら、おそらく社会科以外にも大量の模造紙マインドマップをかくでしょう。それらをまんべんなく掲示するとすぐにスペースが足りなくなってしまいます。今年は社会科だけなので、授業でかいたマインドマップを全て掲示しておき、いつでも児童が復習、確認できるようにしておきたいと思います。

廊下に貼ったことにより他の学年の目に触れる機会も増えました。でも残念なことにこの廊下、袋小路で行き止まりなのです。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






posted by まえた at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラクル ミルク マインドマップ #mindmapJP

100616.jpg学校図書3年国語上の説明文「ミラクル ミルク」をマインドマップにしてみました。再来週の月曜日は指導主事訪問があります。そのときの集中授業の指導案をじっくりと検討するために、まず教材文をマインドマップにしてみたのです。これは自分が授業をするときも必ずやります。

自分のためにかいたマインドマップですが、授業者の先生がほしいといったのでスキャンしたものをカラーで印刷してプレゼントしました。

自分が教材を理解するためにかいたマインドマップなので他人が見て、理解できるかどうかは疑問です。おそらく????な点が多々あると思います。????と思ったところを自分なりにかき直してみたらいいとは思うのですが、切羽詰まっている状況なのでそれは口に出さないでおきました。

教材研究の方法の一つとして、こんな方法もあるのか〜位に思ってくれれば十分です。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年06月15日

いざ鎌倉&元寇 マインドマップ #mindmapJP

DSCF0823.jpgセントラル・イメージは馬に乗って鎌倉に駆けつけるクマです。馬がうまくいかなかったので木馬にしてみました。かわいいでしょ?


DSCF0824.jpgこちらのセントラル・イメージは蒙古襲来です。教科書のモンゴル兵を参考にしました。


セントラル・イメージをかくのが楽しくて、つい時間を忘れてしまいがちです。子どもたちと同時にかくので5分と決めています。5分たったら途中でも授業をすすめていきます。残りは児童も私も宿題です。私の場合、輪郭をかいてクマを黄色く塗りつぶしたあたりでだいたい5分です。


青森県には「泣けば山からもっこ来るね」という子守歌があります。この「もっこ」は蒙古襲来を表しているそうです。それだけ蒙古襲来は大変な事件だったのでしょうね。なぜ山からくるのか理解できませんが…







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






2010年06月13日

脱自己流を目指す全脳思考チャート #zen_noh #mindmapJP

image0-1.jpg久々の全脳思考チャートです。かいていなかった訳ではございません。自己流故になんとなく載せられなかったのです。昨年度、学級で全脳思考チャートを活用していたときは、まだ全脳講座もそれほど開催されておらず、ほとんどみんな自己流だったと思います。それで効果を感じていたのだから良かったのだと思うのですが、最近しっかりと講座を受けた全脳チャートがブログやツイッターで見られるようになりました。すると、何となくですが、自分の全脳チャートに自信がなくなってきたのです。

マインドマップも同じでした。形だけをまねることはできても、その本質がわかっていなければ、なかなか自信をもてないのです。マインドマップの場合はフェロー取得をきっかけに少しずつ自信を持つようになりました。

さて、今回の全脳チャートですが、青森で全脳思考について学ぶ場を設けることに120%ハッピーにする相手をよくばって4人も設定してしまいました。
うちの妻、全脳講師、保護者、架空の大学生です。
そして、これらの人々がハッピーになると私自身は120×4で480%ハッピーになるはずです。

BabyStepは
「このチャートをブログにアップすること」
としました。

こうすることによって自信がないとかなんとか言っていられなくなりました。

さあ、動くぞ〜

posted by まえた at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動会の作文用マインドマップ #mindmapJP

100613.jpgセントラルイメージは綱引きです。これは運動会の作文をすらすら書くためのマインドマップです。運動会終了後、娘と語らいながらかきました。

運動会の日の宿題は、運動会の作文でした。枚数は作文ノート6ページ以上とのこと。原稿用紙換算でやく3枚ほどです。

うちの娘は文章を書くのは苦手ではないのですが、段落を区切るのが苦手なようなのでちょうど良い機会なのでマインドマップをつかった作文の書き方をいっしょにやってみることにしました。

担任の先生からは書きたいことを3つほどに絞りなさいと指示がでていたので、メインブランチは3本にしました。

「なに書きたい?」
と問いかけながらBOIをのせていきました。その後、運動会の思い出や興奮を引き出しながらマインドマップにしていきました。娘のはなしはあっちこっちいくのですが、マインドマップだとそれでも簡単に整理できます。娘自身もマインドマップをかけるので、私に対して
「ここにブランチ伸ばして!」
と指示をだしてきました。

マインドマップがかきあがった後に、メインブランチから伸びているブランチをクラウドで囲んで、
「このことを書いているときは、句点がきても改行しないんだよ。」
と教えました。

その後、すらすらと書き進め、見事7枚ほどのすばらしい(親ばか全開)作文を仕上げました。

マインドマップ活用というか、楽しい親子の語らいでした^^







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年06月10日

武士の屋敷と貴族の屋敷 #mindmapJP

貴族の屋敷と武士の屋敷.jpg今回は久々に手がきじゃなくてiMindMapでかいたマインドマップです。セントラル・イメージは模造紙マインドマップから武士と貴族を取り込みました。授業で直接iMindMapを使うのはこれが初めてです。子どもたちは興味津々でしたが、もう私が何をしようと驚かないので授業はスムーズに進みました。
今回のマインドマップは、私が勝手に「ミラーマインドマップ」とよんでいる方法です。2つのものを比較するときに使います。社会科以外でも国語の説明文の学習でつかうこともあります。


DSCF0755.jpg今回の授業は、まずワールド・カフェ方式でグループ毎にミラーマインドマップをかく事から始めました。ワールド・カフェをやると話し合いが活発になります。社会が得意な子もそうでない子も相互に学びあっています。今回はスピード重視でカラー速射でかかせました。


DSCF0760.jpg20分ほど作業した後、比較したことを発表させました。ワールド・カフェとマインドマップで気づきがシェアされているので、発表が苦手な児童も発表しやすくなっています。今回はワコムさんからお借りしている液晶タブレットでiMindMapを操作しました。文字入力も全てペンで行いましたが、まだ操作になれていないのでキーボードに手を伸ばすこともありました。なれるとかなり良さそうです。手がき文字入力の認識精度がかなりたかいので、児童に直接操作させても授業のリズムが崩れないかも知れません。

普段の授業では各自の手元に1枚マインドマップが残るのですが、今回の授業ではグループに1枚の中間生成物マインドマップしかありません。スピード重視なのでかなり雑です。よって、授業後に全員に印刷して配付しました。
配付されたものを見るだけでは記憶のフックが弱いので、宿題としてマインドマップにイラストやアイコンを追加してくるよう指示しました。
子どもたちにわかりやすく
「マインドマップを知的にデコってきなさい。」
と言いました。
10月の公開授業に向けてもっともっと試行錯誤していかなければなりません。

余談ですが、子どもたちには常に
「あなたたちの授業は日本中から注目されています。あなたたちがブランチを1本伸ばすたびに日本の教育が少しずつ変わっていくのです!」と言っています。子どもたちのモチベーションが急上昇しています。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






2010年06月09日

運動会の反省マインドマップ #mindmapJP

img009.jpgセントラル・イメージは運動会で帽子もかぶらずにスターターをして思いっきり日焼けして真っ赤になった自分です。

このマインドマップは運動会の反省記入用紙にかく内容を発想したものです。

運動会のような大きな行事は何日も前から色々と準備があります。途中でいろいろ問題点や改善点に気づくのですが、
「あとで反省用紙にかけばいいや」
と思っているのでメモしません。なにしろ運動会前はかなり忙しいのです。

しかし、いざ運動会が終わって反省用紙に記入しようとしたときには、大きな行事が終了した開放感ですっかり頭は空っぽになっています。

それを避けるために、私は大きな行事の時には必ずマインドマップで頭の中から情報をサルベージします。

今回もすっかり忘れていたことを思い出しました。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

源氏が平氏をたおす!マインドマップ #mindmapJP

DSCF0740.jpg今日のセントラル・イメージはストレートに源頼朝です。義経もでてくるので牛若丸がらみのセントラル・イメージも考えたのですが、学習内容から考えるとストレートに頼朝のほうが良いだろうと考えました。

今日は突然校長が授業を参観に訪れました。マインドマップを使った授業を見てもらう良い機会でした。子どもたちがスラスラとマインドマップをかいている姿を見て校長はどう思ったでしょうか?今日はワークシート的な使い方だったので、次は子どもたちがワールド・カフェ&マインドマップで発想している姿を見てもらいたいです。

授業内容とはあまり関係ないのですが、青森県には義経伝説がたくさん残っています。逃げ延びた義経達一同が青森を通って北海道に渡ったという伝説です。お隣の外ヶ浜町三厩には義経寺という寺まであります。
そんな話をしていたらちょっと時間が足りなくなりました。でも、サイドストーリーがあるから歴史の授業は楽しいのです。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年06月07日

武士のはじまりマインドマップ #mindmapJP

DSCF0732.jpgほぼ順調に教科書が進んでいます。源頼朝と鎌倉幕府の学習に入りました。

今回のセントラル・イメージはストレートに武士です。胴が赤いのは赤胴鈴之助の影響です。子どもたちはだれ一人として知りませんでした…

10月の研究授業に向けて授業の構成を工夫しています。何度かツイッターにあげているのですが全脳思考で授業案を練って、マインドマップで授業を進め、ワールド・カフェとグループマインドマップでまとめて、学び合いで140文字で文章化し、それをツイートして感想を頂いたり、他の学校の6年生と意見交換したりするという授業にする予定です。

小学校の公式アカウントも増えつつあります。たのしみです。








にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ








2010年06月04日

4年生でマインドマップ導入授業 #mindmapJP

DSCF0718.jpg4年生でマインドマップ導入の授業を行いました。5年生でやったときは2日間で2時間ずつ、合計4時間だったのでじっくりとやったのですが、今回は2時間だけだったのでワーク中心で行いました。

最初は黒板に私がマインドマップをかきながら児童の発想を広げていくワークを行いました。黒板に空き缶を一つかき、これをつかって何ができるか自由発表で考えさせました。リサイクルや花瓶などのアイデアがでましたが、そのうち声が出なくなりました。
そこでマインドマップをかきながら問いかけていきました。その結果、非常にたくさんの、そしておもしろいアイデアが出されました。家や橋、支柱などのアイデアには子どもたち自身が驚いていました。

次に構造的にかくことを理解させるために『寿司ワーク』を行いました。まず、クッシュボールを投げ合いながら、思いつくままに寿司を発表させました。30弱の寿司が黒板に箇条書きされた状態で、マインドマップを使って整理していきました。
BOIを「魚」「貝」「たまご」「野菜」にしたときと、「にぎり」「まきもの」「軍艦」「つつみ」にしたときでは全く違うマインドマップになることを体験させました。いきなり具体的なことをBOIにすると先が広がらないことも体験させました。


DSCF0719.jpg次に、実際にマインドマップをかかせました。7つのルールについて説明しながら学校の中にある部屋についてのマインドマップをかいていきました。BOIにはそれぞれの教室をのせて、その中にある物をサブブランチに載せていきました。このあたりで子どもたちのペンは止まらなくなっていました。私もペンを止めずに、勢いで(少々雑になってしまいましたが)かきあげました。

最後に、「自分の好きな物を私に紹介するマインドマップ」をかかせました。途中で時間切れになったのでこれは月曜日までの宿題となりました。

やっぱり2時間だとちょっと短いです。自分が担任する学級だと少しずつフォローしていくことができるのですが、他人の学級だとなかなかそのような機会がつくれません。担任の先生と相談してフォローする機会をつくりたいと思います。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フェロー活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

定着しつつあるマインドマップ #mindmapJP

DVC00157.jpgこの画像は、私が社会科専科で入っている6年生の教室の壁面です。下に並んでいるマインドマップは社会科の授業で私がかかせているものです。決して広くない掲示スペースをこんなにも使ってくれるのが大変うれしいです。

昨年度まで自分の教室があったときは三方の壁がマインドマップでいっぱいでした。(昨年の様子はこちら)四方でないのは前面には極力掲示物を貼らないように心がけていたからです。私が授業中にかいた模造紙マインドマップを15枚ほど掲示していました。さすがに現在は他人の教室に掲示するわけにはいかないので、隣にある学習室という名の空き教室に掲示しています。この写真にある模造紙マインドマップは私ではなく、6年生担任の先生がかいたものです。




DVC00156.jpg児童に国語の説明文の初発の感想をかかせ、それを担任が1枚にまとめたものです。マインドマップ歴が2ヶ月未満の方の模造紙マインドマップには見えません!関連線やクラウド、イラストもたっぷりの素敵なマインドマップです。

この先生、私が授業をしているときによく参観にきます。通常であれば空き時間なので職員室で事務仕事をこなす時間なのですが、熱心にメモをとりながら授業をみています。
先日はワールド・カフェでグループマインドマップをかいている授業を見にきました。私から得れるのものがあるのであればいくらでも持って行って欲しいと思います。







にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする