2012年10月12日

マインドマップに固定のキャラクターをつかうこと

560490_364125133662817_1709079483_n.jpg

大久保利通と富国強兵のマインドマップです。セントラルイメージは、お金の袋で富国を、銃で強兵をイメージしております。

私がマインドマップのセントラルイメージに使う黄色い熊は、ジョニーという独自のキャラクターです。ジョニーに何かを持たせることで、簡単に授業内容に合ったセントラルイメージができあがります。

固定のキャラクターを使うと、マインドマップがもつ力を十二分に発揮できないとか、思考にブレーキをかけてしまうのではないかというご意見をいただくことがあります。

たしかにそうです。セントラルイメージは、もっと自由にした方が良いと、私もおもいます。

しかし、授業のマインドマップのセントラルイメージは、あくまでも授業のためにあります。
子どもたちはジョニーのバリエーションを楽しみにしているし、何よりも準備に時間がかかりません。セントラルイメージをじっくり考えることは脳にとって良いことなのでしょうが、毎日の授業で活用するためには、質よりも速度の方が重要であると、私は思っています。

固定のキャラクターがあると、それほど時間をかけずにそこそこのセントラルイメージが作れます。

みなさんはジョニーについて、どう思いますか?
posted by まえた at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする