2014年01月16日

KNOWSに参加しませんか?

385423_400502516663733_1068372759_n.jpg

私が理事をさせていただいているKNOWSという教育団体が、

昨年末に特定非営利活動法人として認証されました^^

全ての子どもがLerning Is Fun !となるために、まずは教師自らが教育を楽しんでいる会です。

これから本格的に色々な活動を整えていきますが、

興味を持たれた方は、遠慮無くKNOWSのグループ

KNOWSサロンに御参加ください
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

KNOWSは教育団体ではありますが、教員だけの集まりではありません。

ビジネスと教育と地域がつながって、子どもたちの未来に橋をかけましょう。
posted by まえた at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

怪獣物語HERO



私の岡山の友が、勤務する特別支援学校の子どもたちと創った絵本です。10分ほどかかりますが、是非一度見ていただきたいと思い紹介いたします。

こちらのFacebookページもオススメいたします。
posted by まえた at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

Business Model Generationで紹介されているCanvasを使って指導案の検討をしたら授業のバランスが良くなった

IMG_3362.JPG
Business Model Generationで紹介されているCanvasを使って指導案の検討を行いました。

何かビジネスモデルを作れれば良いのですが、教員である私には、なかなか手が出せませんし、出す必要もありません。そこで、なんとか教育利用できないかと試行錯誤中です。

最近、Canvasを活用しているのが同僚の指導案を検討するときです。
思い切り思い込みで我流ですが、なかなかの手応えを感じています。

もう実践されている人もいるかと思いますが、私の場合はCanvasのマスに指導案の要素を埋めていきます。詳しくは省きますが一例として、「Customer Segments」は「児童の実態」と読み替えて使っています。

これまでの指導案検討は眉間にしわを寄せながらやっていたのですが、Canvasを活用してからはワクワクしながら検討できるようになりました。

もちろん、指導案はCanvasだけで見通せるわけではありませんが、思考のフレームワークの一つとしてかなり有効な手段の一つだと確信しています。

もっと色々な指導案にためしてみたいです。


posted by まえた at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

修学旅行のしおりをハガキサイズに印刷したらメチャクチャ作業が楽になった

6年生の担任が修学旅行のしおり印刷をしていました。非常に忙しそうなので、私が引き受けることにしました。
担任の先生からは
「児童がスケッチブックに貼るので、B5に2枚印刷して、裁断してください。」
と言われました。

言われたとおりにやってみたら、小さめのスケッチブックからはみ出しました。
12091301.jpg

担任にそれを伝えたら
「貼る前に、ちょうど良いサイズになるように児童に切らせるます♪」
とのことでした。

なるほど!と言われた通りにやってみたら、結構めんどくさいのです。がさつな私が切ると、曲がってしまいました。
12091302.jpg

しおりは24ページほどあるので、この作業を24枚やるのはかなりの手間です。担任からは児童に1時間(小学校なので45分)で作業させたいということを聞いていました。絶対無理です。

普段から、いかにして効率的に作業するかを考え続けている私なので、なんとかならないか、頭を働かせてみました。

そこで、思いついたのが、ハガキサイズの用紙に印刷すること。ちょうど目の前に、どこかの学年が書写の練習用に作ったハガキサイズのコピー用紙のあまりがありました。

試しにそれに印刷してみました。
12091303.jpg
ちょっと小さめですが、十分な大きさです。担任にお話して、このサイズで進めさせていただくことにしました。

ハガキサイズにしたところ、結構なメリットが見つかりました。

1 ほぼA7サイズなので裁断が楽である
郵便ハガキのサイズは100×148mmです。これはほぼA7サイズです。1枚のA4用紙から4枚作れます。学校にある裁断機を使うと一気に大量生産できます。切れっ端も発生しないので経済的でもあります。

2 スケッチブックよりかなり小さいので作業が雑な児童でもはみ出さずに貼れる
スケッチブックぎりぎりのサイズにすると、貼るときに苦労します。作業が丁寧な児童であればはみ出さずに綺麗に貼れますが、そうでない児童のしおりは、大変な状態になります。ハガキサイズだとかなり余裕があるので、少しぐらい曲がってもはみ出さずに貼れます。

3 印刷の設定が簡単である
希望するサイズで印刷するために、何度も縮小コピーを繰り返したり、電卓で計算して縮小率を割り出したりすることがあります。ほとんどのコピー機や印刷機は、ハガキサイズへの縮小がデフォルトで用意されています。また、プリンタで印刷するときもハガキサイズへの縮小が、ドライバの設定に用意されています。これらを使えば誰でも簡単に印刷できます。

ちょっとした工夫をするだけで、めんどくさい作業が簡単になります。簡単になると児童のミスがへったり、時間が短縮されたりします。児童も教師もニコニコです。


「私は別にハガキサイズを使わなくても、こまっていないぞ!」
とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、案外、自分が困っていることに気付いていないだけかもしれませんよ。

ハガキサイズ印刷は、修学旅行以外にも使い道があります。私は、さっそく社会科の補助資料をハガキサイズで印刷して配付しています。

ハガキサイズ印刷、こんな使い道がありますよ!という例がありましたら、是非教えて下さい。

12091304.jpg
ちなみに、スケッチブックの最後には私が手作りしたミニ白紙ノートがついています。もちろん、修学旅行の見学先でたっぷりマインドマップをかいてくるためです。

posted by まえた at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

子連れ読書会に参加して

最初はメチャクチャ不安でした。

2時間も長男が耐えられるだろうか。あとから妻に文句を言われないだろうか。
いいえ、一番不安だったのは私自身が読書会というものが何なのかを知らなかったことです。

平成23年10月10日(月)体育の日に子連れ読書会に参加しました。

会を仕切るのはリーディングファシリテーターの中島征一郎さん。新潟の方です。
二日後に行われる私の公開授業を見るためにわざわざ森まで来て下さる、とても行動的な方です。

この10月10日はリーディングファシリテーターの方々が全国で一斉に読書会を開催する日でした。
「読書会に参加してみたい!」
という私の声を聞き取って、わざわざ森で開催してくれたのでした。

参加しての感想は…

おもしろい!もっとやりたい!

ファシリテーターの中島さんのおかげで、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

私が当日持って行った本はこちら


今年の2月に東京に行った際に、知り合いから紹介された本です。すぐにアマゾンに注文して入手しました。手に入れただけで満足して、ずっと積ん読だった本です。何度か読もうとしたのですが、最近の本にしては文字が小さいうえにページ数も多かったので、ついつい後回しになっていました。

以下、読書会で読んだ本の感想です。

初めて参加した読書会なるもので読みました。
以前紹介されてから、購入しただけで満足していたのですが、やっと読むことができました。

学校にパソコンが大量に導入されても今ひとつパッとしない理由が破壊的イノベーションという考え方で説明されています。

パソコンが学校に導入される前は、パソコンさえあれば授業が良くなるという雰囲気がありました。
しかし、いざ学校にパソコンが導入されると、ネットが遅いだとか、ソフトがないだとか、時間がないだとか後付けの理由が出てきます。

今、学校に眠っているパソコン達は、破壊的イノベーションの途中だと考えると、これから爆発的な成果を生み出す宝箱です。


たったこれだけ?と思われる方もいると思いますが、ずっと積ん読だった本からたった1時間でこんなにも情報が得られるのです。

子連れ読書会のメリットを3つまとめてみました。
@子連れOKなので参加しやすい
小さな子どもがいるとなかなかこのようなイベントには出られません。我が家の場合、子どもが生まれたのが、30歳を過ぎてからです。経済的にも能力的にもいろいろやりたいことができる時期なのですが、ちょうど子育てと重なっています。子育てが一段落するまで待てば良いのでしょうが、それでは気持ちがおさまりません。
子連れ読書会であれば、子どもが成長するのを待つ必要がないのです。

A読む手順が短く区切られているので飽きない
リーディングファシリテーターから読む手順が示されます。書籍を読んだだけの我流フォトリーダーの私にとっては本当に貴重な体験でした。
フォトリーディングの知識をもっていない妻や娘も問題なく取り組めていました。
読み進める手順が5分、10分、20分と区切られているので、読書に慣れていない人でも集中力を維持することができます。

B大人が学ぶ姿を子どもに見せることができる
これが最大のメリットだと断言します。親だって勉強するのだというところを子どもに見せることは、かなり有意義です。
日常的に読書会に親子で参加することで、子どもたちの可能性がどんどん広がっていきます。これまで大人対象で開催してきた青森マインドマップ普及会のイベントも、子連れOKのものをやってみたくなりました。

以下、一緒に参加した、妻、娘、息子の感想
妻「けっこう短い時間でも読めてしまうことに驚きました。」
娘「いろいろな勉強法があるのを知れてよかった。」
息子「おもしろかったです。またやりたいです。」
posted by まえた at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

Bluetoothの携帯用キーボードを購入しました

青森の奥地の前多です。本日誕生日を迎えました。

誕生日ということで以前から欲しかったBluetoothのキーボードを買っていただきました。

買ったのはエレコムのキーボードです。

image-20110430111508.png

買ったものはすぐに使いたい性格なので早速カフェで開けてみました。


image-20110430111704.png

折り畳まれているとちょっと大きめの電卓くらいです。薄いので十分持ち運び可能。


image-20110430111842.png

スマートフォンを置けるスタンドもついていてとてもいい感じ。キーの位置が普段のものとちょっと違うのが気になるけど、そのうなれると思います。

この記事ももちろん買ったばかりのキーボードで入力しました。
posted by まえた at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

セカンドキャリアをもとう

青森の奥地の前多です。

教員ですが、地域の仲間と協力して「青森マインドマップ普及会」なるものを立ち上げ、青森に様々な知的ツールを学習しようとする文化を定着させるための活動を行っています。

具体的には、インストラクターと知り合いになり、青森に講座を招致するという活動です。

これまで、マインドマップと全脳思考の講座を招致することに成功しています。

報酬ゼロの完全に『利他』の活動です。


ドラッカーはセカンドキャリアを持つべきだと言っていました。

我々教員は公務員なので、もちろん副業を持つことは許されません。職務に専念する義務もあります。

では、教員はセカンドキャリアをもつことはできないのか?

副業としてのセカンドキャリアではなく社会貢献としてのセカンドキャリアを持つことは可能です。


忙しくて無理だ!という方も多いでしょう。

だから小さなことでも良いのです。

町内会や子ども会のお手伝いをしたり、地域スポーツ少年団の指導者をしたり…

それで十分だと思います。


3月のあの日から、世界は大きく変わりました。

ドラッカーさんが言っていたように、一つのキャリアだけで生きていける時代ではなくなったと思います。

復興を加速させるためには、多くの人がパラレルキャリアを持ち、社会活動を加速させる必要があるのです。

教員だから教育に専念するのは当然です。

でも、もし少しでも余力があるのであれば、可能な範囲で復興を加速させるために学校外の世界にも目を向けましょう。

教員の社会貢献活動は、巡り巡って児童のため、自分のためにつながります。利他のループです。

posted by まえた at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

アウトプットトレーニング

 青森の奥地の前多です。

 最近、アウトプットのトレーニングに取り組んでいます。

 トレーニングと言っても特に変わったことをしているわけではなく、単純にパソコンで文章を打ち込んでいるだけです。

 圧倒的な量は質を伴ってくるということは児童の成長の様子からよく理解しています。
 マインドマップを200枚かいた児童は、基礎講座を受講した大人顔負けというか、それ以上のマインドマップをサラサラとかいてしまいます。
 毎日作文に取り組んだ児童は、五分程で200文字以上のよくまとまった文章を書き上げます。

 そこで、私も児童に負けないように、毎日アウトプットに取り組んでいます。

 今までもブログ等でアウトプットはしてきたのですが、今回は質より量にこだわっています。

 具体的にはテーマを決めずに思いつくままに猛スピードで10分間文章を打ち込んでいます。人に見せない事を前提としているので、とんでもない内容の文章をかいています。野望、愚痴、妄想…家族にも見せられません。

 現在は平均で10分間1100文字です。

 当面の目標は10分間で1500文字です。どうしても、指が止まってしまう時間があるので、それがなくなれば結構簡単にクリアできるのではないかと思っています。
 まだ始めて一週間なので何とも言えないのですが、アウトプットする事に頭がなれてくれば良いなと思っています。
 とりあえず21日間継続してみます。

 
posted by まえた at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

電子教科書+ソーシャル・ビジネス/コミュニティ・ビジネス構築講座に参加してきました

 青森の奥地の前多です。

 3月27日に東京の講座に参加してきました(日帰り)。

 遅刻して到着したにもかかわらず、一番前のど真ん中の最も良い席をキープしてくれていた運営スタッフの心遣いに、泣きそうになりながら席に着きました。

 電子教科書についての話になったときに、担当講師の方が私の実践についても紹介してくださいました。うれしいなあと思っていたところ、突然全員の前でお話をするという無茶ぶりが来ました。

 全く予想していなかった事態に、冷や汗をかきながら前に出てお話させていただきました。
基本的に話し好きな性格なので、長くならないように気をつけて話したつもりなのですが、やっぱりちょっと長い話になってしまいました。
 多くのビジネスパーソンの前で話をするという機会は、青森で教師をやっている限り、なかなか得られるものではありません。これだけでも参加して良かったなと満足してしまいました。


 今回最大の収穫は『NPOカタリバ』について知ることができたことです。子どもたちには縦でも横でもない【斜めの繋がり】が必要だということ。納得いたしました。

 自分にとって斜めの繋がりっているのかな?と考えていたところ、発見しました。コーチです。

 カタリバは主に高等学校で行われているらしいのですが、小学校にも応用可能だなと感じました。うまく導入できたら中一ギャプが解決できるのではないかと感じています。



 たくさんの収穫が得られた今回の上京。唯一残念なことは懇親会に出られなかったこと。
 次は必ず懇親会に参加したいです。


 

 
posted by まえた at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

明日、東京日帰り旅行します

青森の奥地の前多です。

明日、始発の飛行機で東京に行き、最終の飛行機で青森に戻ってきます。

いったんキャンセルした東京行き、土壇場で航空券が確保できました。

正直、時間的にも金銭的にも厳しいです。

でも、これをクリアしないと自分は次に進めないないような気がするのです。

明日は、自分を取り戻すために東京に行ってきます!

posted by まえた at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

萎縮するなよ自分!

青森の奥地の前多です。

昨日の記事にも書いたように、今回の震災で私は直接被害は受けていません。


しかし、自分でも気付かぬうちに、結構心にダメージを負っていたようです。

これまでやってきたことに自分でブレーキをかけていたようです。


3月の下旬に上京する予定を立てていたのですが、震災後にネット環境が復旧したとたん、上京中止を決めてしまいました。

今は家庭を守るのが自分の仕事だとか、東北新幹線が動いていないとか、もっともらしい理由を述べていましたが、結局のところ自分が怖かったんだと思います。前多昌顕はすっかり萎縮していたのです。

徐々に心のダメージが癒えてきて、やっぱり上京したいと思えるようになったときには既に航空券がとれない状態です。


おそらく私以外にも、自分で気付かないだけで、心にダメージを負っている人は多いと思います。もちろん子どもたちもです。

そんな方々の目に、この記事が触れる事を期待してかきます。

「萎縮するなよ!自分!」


ギリギリまで上京できるようにあがいてみたいと思います。
posted by まえた at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

この1週間のこと

青森の奥地の前多です。
日本海側ということもあって、震災の被害はありません。

震災以来、全国の友達の情報発信も自粛気味で残念に思っていました。
先日、こちらからメールして、自粛しないでいつも通り情報発信してよ^^とお願いしました。
その後、最も自粛しているのは自分だと言うことに気付きました。

本日より、いつも通りブログの更新を再開いたします。

被災地ではまだまだ不自由な生活を強いられ、苦しんでいる方々がいるのですが、通常の生活をおくる事ができる自分が、いつまでもトーンダウンしていては、日本全体のために良くないと判断いたしました(多少大げさです)

だからといって、いきなりマインドマップ関連の記事を書く気にもなれなかったので、この1週間の出来事を、記しておきたいと思います。

続きを読む
posted by まえた at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

松の葉の気孔

ハードディスクの整理をしていたら、以前行った電子顕微鏡講座で撮影してきた画像が出てきました。

いろいろ撮影したのですが、私が最も興味を持ったのは葉っぱの気孔です。

中学生の頃からず〜っと持ち続けていた疑問

「松の葉っぱの気孔ってどうなっているんだろう?」

それを解消するために、松の葉の電子顕微鏡写真をとってみました。

続きを読む
posted by まえた at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

読書について考えたこと

 最近、読書量が爆発的に増えています(当人比)。買ってばかりもいられないので県立図書館のオンライン貸し出しサービスを活用しているのですが、予約が多すぎるとしかられてしまいました。

 MediaMarkerに登録した本を眺めていると、あることに気付きました。

 教員なのに教育関係の本がほとんどないのです。

続きを読む
posted by まえた at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

Facebookの友達申請について考えてみました

 ここしばらくブログ更新から遠ざかっていた前多です。日々の雪かき業務のダメージがじんわりと体に蓄積してきていて、なかなかまとまった文章を書く気になれないでいました。こんなとき、TwitterやFacebookっていいです。気軽にアウトプットを継続することができます。

 最近ようやくFacebookに目覚めてきました。似たようなサービスのmixiはこちらからお願いして招待してもらった割には、全くといって良いほどはまれませんでした。現在は放置状態です。Facebookのほうは、十分にはまれそうな気がしています。
続きを読む
posted by まえた at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

Facebookを本格的に活用し始めました

 しばらくブログの更新から遠ざかっていました。これにはいくつかの理由があります。
 一番大きい理由は日々の雪かきに心身ともに疲れ切っていたことですが、もう一つの理由は、Facebookの研究に没頭していたからでもあります。小さな理由として、我が家のモデムが故障していたということもあります。

 Facebookのアカウントは結構早い時期に取得していました。でもmixiとの差異を見つけられずに、なんとなく放置していました。

 この、放置って本当に大事です。Twitterの時もアカウント取得から積極的に活用し始めるまで間に、放置の期間がありました。何か新しいことを初めて、どうもそれがしっくりこないときは、やめちゃうのではなく、放置するという考え方にすると良いと思います。本当にそれが自分にとって必要であれば、放置ではなくインキュベートに変わると思います。必要な期間放置すれば、ちょうど良いタイミングで孵化するはずです。もし孵化しなかったら、それは自分にとって本当に必要がないことだったのです。

 さて、Facebookの活用方法や私が見いだしたmixiとの差異、Twitterとの使い分けについてはもう少しおまちください。ただいまインキュベートしております。

 とりあえず、ファンブックを2つ作りました。
 マインドマップの教育活用
 青森マインドマップ普及会

 「青森マインドマップ普及会」は共同で管理しています。

 近いうちに、マインドマップつきで私のFacebook活用計画を紹介したいと思っています。
posted by まえた at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

長い文章に挑戦してみました

今回はだらだらと記事を書きます。目標は4000文字です。
私が昨年夏に知り合った沖縄の方が御自身のブログ『Flying Bird(フライングバード)』で4000文字記事のチャレンジを続けています。
これがとてもおもしろいのです。毎日更新を楽しみにしています。どれくらいの時間をかけてかいているのか問い合わせてみたところ、途中からは費やした時間についても記入してくれるようになりました。
わたしもチャレンジしてみたくなりましたので、やってみることにします。続きを読む
posted by まえた at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

iPhoneで長文に入力に挑戦して見ました

タイトル通り、iPhoneで少し長い文章を入力してみました。長文と言っても、1500文字ちょっとです。時間は40分ほどかかりました。慣れるともう少し速くなるかなと感じました。
以下、その文章です。昨日あった事を時系列でズラズラと書きなぐって見ました。なんのひねりや示唆もないのであしからず。続きを読む
posted by まえた at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

ブザン公認マインドマップフェローの前多です。

昨年は多くの方々に関わっていただき本当に充実した一年を送ることができました。

今年は、私の方からも積極的にアプローチしながら、関わり合いのサイクルを

どんどん回して、雪だるま式に大きくしていきたいと思っています。


ワクワクしながら行動を進めていきたいと思います。
posted by まえた at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

カフェ?

ブザン公認マインドマップフェローの前多です。

普段、津軽半島の北部で活動していると、無性に東京が恋しくなる時があります。

私があこがれる生活として、カフェに行って思考したり作業したりすること。

私の住む地域では、なかなかないのですよ。そんな場所が。

で、今このブログをかいている場所はこんなところです。

image-20101223100603.png

窓辺のカウンターで、雨に濡れる海辺の公園を眺めながら、ブログかいたり、マインドマップかいたり、全脳チャートかいたりしています。

しかし、ここ、カフェではないのです。

青森市のアスパムにあるフードコートです。おしゃれな音楽ではなくて、演歌が流れています。

まあ、青森らしくていいかもしれません。

これから、水木一郎ショーが始まるまで、もう少しここで作業してカフェ気分を味わいたいとおもいます。
posted by まえた at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。