2011年02月19日

「型破りのコーチング」のどこが型破りなのだろうか

平尾誠二氏と金井壽宏氏の共著「型破りのコーチング」を読んで見ました。



実は、ずっと積ん読だったものです。最近私が受けたコーチングセッションがいつも以上に素晴らしかったので、ようやく読んで見る気になりました。

しかし、読んで見て違和感が…

何処が型破りなのか全く分からないのです。


続きを読む
posted by まえた at 07:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

『絶対ブレない「軸」のつくり方』を読んで考えたこと

 青森の前多です。前回の記事も読書関係のものでしたが、今回も読書です。
 私は本屋さんが大好きで、大きな書店に行くと、何時間もかけて本を眺めています。何冊も大人買いするときもあれば、結局なにも買わないときもあります。
 しかし、青森の奥地に住んでいるのでなかなか本屋さんに行けません。よって、ネットで購入することが多くなるのです。
 ネットで購入するときは、中を確認することができないので、読者のレビューを参考にすることが多かったのですが、自分で良い本だなあと思っていた本が低評価だったり、明らかなネガティブキャンペーンを見かけたりすると、鵜呑みにできないなと感じるようになりました。
 それでも、何らかのきっかけが欲しいので、最近ではよく読むブログや、Twitterで交流がある方が紹介している本で、直感的に引っかかったものを買うようにしています。

 今回の『絶対ブレない「軸」のつくり方」もそんな風にして買った一冊です。
 これを読んで、
「あ〜、わかるな〜。」
と感じたことを基にして、私なりの軸の作り方をまとめてみました。

続きを読む
posted by まえた at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

日本人のためのフェイスブック入門の読書メモマインドマップ #mindmapJP

Doc-11_01_19 5_58-page-1.jpg

日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29)の読書メモマインドマップです。セントラルイメージは、疑問点が消えてきたことを表現してみました。

自分なりに考えたことを文章にまとめてみました。
続きを読む
posted by まえた at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

人生を好転させる「新・陽転思考」 (和田裕美)の読書メモマインドマップ

100131_2.jpg前回に引き続き和田裕美さんの本を読んでみました。やっぱり私に欠けているところをズバズバと指摘された感じです。人に直接指摘されるのと違い、本を読んで自分で気付くと、怒りは感じないのですが凹みます。その辺をしっかりと自分で受け止めて陽転させていきたいと思います。

最後のほうに書かれていたのですが、とりあえず30日続けてみる、ということ。これは私がマインドマップの講座を受講した時にも言われたことです(21日間でしたが)。幸運にもマインドマップは習慣として定着しましたが、陽転思考はどうでしょうか。

ということで、次は石田淳さんが書かれた「続ける」技術を読みたいと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ワールド・カフェをやろう (香取一昭,大川恒)の読書メモマインドマップ

100129.jpg 久々の読書メモマインドマップです。読んだ本のメモはノートに鉛筆書きでミニマインドマップで残してあります。本当は全部をフルマインドマップにかき直したいのですが、なかなかそんな時間がとれません。しかし、ミニマインドマップをフルマインドマップにすると、最初は気付かなかった事や、新たな発想が生まれてきてとても楽しいのです。だから、週末に、特にかきたいものを選んでフルマインドマップにすることにしています。

 ワールド・カフェを知ったのは昨年の3月、ブザン教育協会のフェロー養成講座を受講した時でした。それまでは全くワールド・カフェなるものの存在を知りませんでしたが、やってみて、こんなおもしろい話合いの仕方があるのか!と驚いてしまいました。
 学級でも何度かやってみています。最近の卒業生を送る会のための話合いにはなくてはならないものです。子どもたちの中には「話合い=マインドマップ&ワールド・カフェ」というのが定着しつつあります。
 しかし、私の周囲では、このワールド・カフェの認知度が低いのです。知らないのはしょうがないとして、まったく興味を持とうとしないのです。
 だったら一人でどんどん研究してやろう!という気持ちになってしまいました。
 
 ダイアログというものが、私にとってはちょっと難しいことかな?どうしても議論に勝ってしまいたくなるので。この辺は、同じく今週読んだ「人に好かれる話し方」とも通じるところです。なんとか自分を変えていく努力をしなければならない。
 



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






posted by まえた at 23:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

バカはなおせる (久保田 競)の読書メモマインドマップ

100123.jpg 週刊アスキーの広告を見て、タイトルだけで買ってしまいました。それからしばらく積みっぱなしだったのですが、ゲーム脳について考えさせられることがあったので、読み始めました。
 小学校という現場において、ゲーム機というのはけっこうやり玉に挙がります。ゲームを真っ向否定する人が多いのです。その人達にしてみれば【ゲーム脳・ネット脳】という考え方は、諸手を挙げて賛成するべきものなのでしょう。私自身は結婚前まではゲームが大好きで、大学時代のアルバイトもゲームショップでした。だから、ゲーム脳という考えは受け入れられないのです。自分でかなりゲームにはまり続けても、思考停止やキレやすい性格にはなっていません。
 ゲーム脳を推し進めたい同僚にその話をしても
「お前が特殊な例。」
で終わってしまいます。
 おそらくこの本を見せても、考えは変わらないでしょうね。
 結局は科学的根拠よりも「好き・嫌い」の話だと思うので。

 ゲーム脳以外にも、いろいろと得ることが多い本でした。
 GO/NO GO の考え方は、親として気をつけなければならないと感じました。
 また、脳のためにも健康のためにも、もう少し運動しないといけないなと、反省させられました。

 



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





posted by まえた at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

「やればできる」(勝間和代)の読書メモマインドマップ

100114.jpgセントラルイメージは、周りの人とつながっているという感じを出してみました。「とんがり力」でとんがり帽子をかぶせたつもりなのですが、妻からは「三匹の鬼」と言われてしまいました。
 最近、twitterでのフォトリーディングインストラクターの方々のつぶやきに刺激を受け、[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるを読んで、我流のフォトリーディングを再開しています。以前、旧版や「考える力がつくフォトリーディング」を読んで、我流フォトリーを続けていたのですが、なんとなく自然消滅していました。今回はとりあえず100冊は続けようと考えています。
 続けて何冊も読んでいると、前の本と関連するところが見つかるのでいいものです。
 この本でいう「まわりの人」は、身近な人でなくてもいいと感じました。twitterの中の人々も「まわりの人」です。
 twitterでゆるくつながれば、この本に書いていることを実践しやすいのではないでしょうか?





にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






posted by まえた at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

「テレビは見てはいけない」(苫米地英人)の読書メモマインドマップ

100112.jpg セントラル・イメージはマッサージチェアに座っている私をイメージしました。この本を読んで、私にとって重要だと感じた言葉がコンフォートゾーン(快適空間)だったからです。肩こりがひどい私にとってのコンフォートゾーンはマッサージチェアです。
 
 学校という場で、いかにして児童に対して適切にコンフォートゾーンを上にずらして上げられるかが教師のするべき事なのだなと感じました。
 この本の言葉を使えば、こうすべき、こうあるべきという指導は「洗脳」になるわけです。いかにして、児童が自主的・自発的にコンフォートゾーンを上にずらすように誘導するかが教師の手腕になるわけですね。
 教師が勝手に理想をならべたてても、児童にとってはスコトーマである可能性があるわけです。ほとんどの児童はそれを口に出しては言えないでしょうから、教師が気付くべきなのです。

 おもしろい本を読むことができました。



posted by まえた at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

図解レバレッジ勉強法

20090313_0000.jpgマインドマップを描き上げて、勢いで勉強法を勉強術と書いてしまいました・・・・・・ 最後の最後で・・・・・

修正テープをつかうと汚くなるので、このままで我慢することにしました。

年度末業務に追われてなかなか記事の更新ができませんでしたが、これではいかんと思い、一気に読んでマインドマップにして記事を書いています。

勉強法に関する本を何冊か読んでいると、かなりの部分がおなじことを述べていることに気付きます。

今回は、メインブランチを「やってること」と「これからやること」にしてまとめてみました。

朝方人間になるべきだということは前から思ってはいるのですがなかなか実践できません。

とにかく二度寝をやめることにしてみます。それだけで何かが変わるはずです。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ














by [Z]ZAPAnetサーチ2.0



posted by まえた at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

英語は逆から学べ

20090307_0000.jpg 苫米地英人著「英語は逆から学べ」を読んでみました。私は小学校四年生の時に英語塾に入れられてから大学卒業まで13年間もの長きにわたって英語を学びましたが、英語はまったくだめです。大学入試の共通一次試験では自己採点で赤点でした。
 最近自分の中で学習意欲が猛烈に高まっています。それに伴って英語を学びたいという気持ちも強烈になってきました。学生時代とは違い主体的な学びであるので、もしかしたらなんとかなるのではと思っています。

 赤子が母国語をマスターするようにして、まったく新しい言語回路を脳の中に作るという、この方法、とても気に入りました。
 早速試してみたいと思います。
 英語のDVDをみるのが一番いいらしいのですが、映画では台詞が少ないのであまりよろしくないとのことなので、アメリカのドラマをレンタルしてきます。
 逆輸入のガンダムとかのDVDがあったらいいのだけどなあ。

 このマインドマップ、セントラルイメージは結構自信作なのですが、家族や同僚からは。
「気持ち悪い」
と言われてしまいました・・・・・

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ














by [Z]ZAPAnetサーチ2.0



posted by まえた at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

目標達成する技術

20090304_0001.jpg マイケル・ボルダック著 1063人の収入を60日で41%アップさせた 目標達成する技術」を読んでみました。

 パワフルなインカンテーションを20分続けるのは、家族がいるとちょっと難しいなと感じていました(この考え自体がリミティング・ビリーフなのかもしれませんが)。しかし、誰にも気兼ねなくインカンテーションできる場所を見つけました。
 それは、通勤の車の中です。
 もう、今朝から大音量でインカンテーションしまくりです。眠気覚ましにも最適です。
 しばらくの間、通勤の30分間をインカンテーションにあててみたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

















by [Z]ZAPAnetサーチ2.0



posted by まえた at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

コーチング入門

20090302_0000.jpg 以前から興味をもっていたコーチングについての本を読んでみました。カウンセリングとどこが違うのだろう?と思い調べてみたら、カウンセリングは最初に気持ちの整理から始まり、コーチングは最初から目標を設定できる人を対象にするのだそうです。
 もう少し、深く学んでみたいなと感じました。とりあえずは「傾聴」から入ってみたいと思います。
 
 イメージがわかないので実際にプロのコーチングを受けてみたいなと思いました、が・・・・・やっぱりそれなりの金額がかかるのですね。ほかにもお金をかけたい分野がたっぷりあるので、とりあえずは保留することに決定しました。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ









posted by まえた at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

エブリデイ・ジーニアス

090227.jpg ピータークライン著「エブリデイ・ジーニアス」を読んでみました。
 感じたことは自分も子どもも大切にしなければいけないということと、学習は楽しくなければならないということです。
 いろいろな本で言われていますが、ネガティブな思考、発言は、それが冗談めかしたものであってもマイナスに作用するとのこと。気をつけなければならないと感じました。

 マインドマップを活用して児童が伸びてくるのは「楽しい」というのがかなり作用しているのではないかと思いました。知的に楽しく脳を刺激してくれるので、児童が伸びないわけがありません。

 別にマインドマップでなくても、同じ効果を与えることはできるでしょうが、今はマインドマップでいきたいと考えています。児童も担任もマインドマップを描くのが楽しくてしょうがない状態です。

 そのほかにもいろいろためしたくなるようなことがある本でした。








posted by まえた at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

読書は1冊のノートにまとめなさい【読書メモ】

20090224_0002.jpg「読書は1冊のノートにまとめなさい」の読書メモです。
 最初の方で、これは速読本ではないと明言しています。インストールリーディングだそうで、自分の中に読書した内容を深く取り込む読書術だそうです。理想ではありますが、なかなかそんな時間はとれないと感じました。
 情報の一元化については前著の「情報は1冊のノートにまとめなさい」にあるとおりなので読み飛ばしました。
 アウトプットを意識して読むことによってインストールが強化されるということはとても納得です。読後にマインドマップを描くようになってから、読書の質が変化したと思います。
 私自身は多読で速読なインストールリーディングを目指したいなと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ








posted by まえた at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

1分で大切なことを伝える技術【読書メモ】

090126.jpg「1分で大切なことを伝える技術」の読書メモです。

時間が共有財産であるということが、目から鱗でした。

授業中に児童に対して説明をしたり、指示をしたりするときに、児童に対しては「相手の話をよく聞くこと」を要求しています。それ自体は間違っていないと思います。
しかし、私の話が要領を得ずに、無駄に長くなった場合、児童の大切な時間を奪っていることになります。

明日から、さっそくストップウォッチを片手に、自分の「大切なことを伝える技術」を磨きたいと思います。






明日からと書きましたが、本校はインフルエンザ流行により本日臨時休業でした。明日は通常通りなのですが、罹患者が増加していないことを祈ります。A型、B型両方が流行しているようで、ワクチンを接種した児童も罹患しています。

一番不安なのは私自身です。接種しなきゃと思いつつも忙しくて家族で一人だけ接種していません。

地道にうがい手洗いをしています。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
posted by まえた at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

子どもが本好きになる七つの法則【読書メモ】



有元 秀文 著「子どもが本好きになる七つの法則―10才になるまでに、親がしなければならないこと」の読書メモです。


この本を読んで、まず子どもに本を読ませたいのなら大人から読まなければならないということを再認識しました。

思い返してみれば、我が娘は本当にわたしのまねをしています。わたしが読書をしていると、ちかくで絵本を読んでいます。わたしがDSをしていると、近くでDSをしています。わたしがマインドマップを描いていると、近くでマインドマップを描いています。
同じように学級の児童も担任の姿を見ていますね。うちの学級の児童がスラスラとマインドマップを描くようになったのは、わたしが児童の前で何枚もマインドマップを描いているからだと思います。最近の子どもが本を読まなくなったのは間違いなく大人の責任です。


実は恥ずかしながらこの本を読んで初めて「アニマシオン」というものが何なのかを知りました。名前だけは聞いたことがあったのですが、とくに興味がなかったのでそのままスルーしていたのです。今後の課題としてもう少し調べてみることにしました。


「ブッククラブ」というものも初めて知りました。学級の読書タイム等で取り入れてみたいです。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ



posted by まえた at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

超「超」整理法


超「超」整理法を読んでみました。

読む前に立てた問題は

・どのようにしてGメールをデータベース化するのか。
・今までの超整理法との違いは何なのか?
・なぜGメールなのか。

の3つでした。

実は、5年前から職員室の自分の机をデジタルオフィス化しています。自分が教務主任だったときに、毎日目を通さなければならない書類の多さに辟易して、スキャンスナップを購入したのです。また、職員会議のペーパーレス化も推進してきました。

なので、かなり共感的に読むことができました。

私は既にGメールをメインで使っているので、すぐにでも自分の仕事に取り入れることができる内容がたくさんありました。

しかし、すんなりと同意できなかったことは、ネットになんでもおいてしまうということです。

我々教員はたくさんの個人データを持っています。当然保護しなければなりません。なので、Googleのサーバー内に児童の個人情報を保存することは、正直おそろしくてできません。
だからといって、自分のパソコンが安全かと言われれば自信をもってYESとは言えません。

もちろん、セキュリティにはかなり気を配っていますが、パソコンごと盗まれたりしたらどうしようもありません。学校のサーバーだって、強盗が侵入して本体ごと持って行かれたらどうしようもないでしょう。マシンにはパスワードを設定しているし、ファイルは暗号化していますが、絶対安全とは言い切れません。

著者が言う、HDDのほうがよっぽど危険だという主張は納得できます。でも、怖くてできません。

さて、この本と、前回の「情報は1冊のノートにまとめなさい」で、かなり自分なりの情報整理法について見えてきました。はやくマインドマップにしたくてうずうずしています。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

posted by まえた at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

情報は1冊のノートにまとめなさい【読書メモ】



「積ん読」撲滅運動実施中です^^

今回読んだのは奥野宣之著「情報は1冊のノートにまとめなさい」です。

とってもシンプルでわかりやすい情報管理の方法だと思いました。いままでいろいろな手帳に手を出してきましたが、私のようにずぼらな人間には、これが一番いいのかもしれません。

情報の一元化が大事だということは納得しましたが、すでに情報をいろいろなところに分割保存している現状では、とても難しいことだと感じました。

いきなり一元化は無理だと思いますが、少しずつ変えていって、最終的には二元化くらいに落ち着いたらいいなと思っています。

このマップをかいている間に、自分なりの情報管理術について見えてきたので、そのうちアップしたいと考えています。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

posted by まえた at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

読まないという選択

フォトリーディングの本を読んでから、読書のスタイルが大きく変化しました。

プレビューの段階で「読まない」という選択をしました。

これは、今までの「読んでいない」や「読まなくなった」とは違い、積極的な「読まない」なのです。

なので、挫折感や罪悪感など全くありません。


ただし、今回は図書館から借りてきた本でのことです。自分が大枚をはたいて購入した本で、読まないことを選択することができるかどうかはちょっと微妙です。
posted by まえた at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。