2010年11月22日

太陽と月マインドマップ #mindmapJP

久しぶりに社会科以外の教科での実践報告です。

今年度、私は社会科の専科なので、この実践は同僚の実践となります。

6年理科の「太陽と月」の学習です。

教室に掲示していたものを許可していただいて掲載しました。

実際に観察することが困難な学習内容の場合、今回のようにマインドマップでまとめることはとても有効だと思います。

101122.jpg

101122_2.jpg

101122_3.jpg

マインドマップは確実に本校の6年生に定着しました。読み書き計算と同じように、特別ではないスキルになりつつあります。

2010年03月09日

5年生の理科マインドマップ

2010年03月09日16時00分26秒.jpg児童がかいた5年生の理科のまとめマインドマップです。学年末のまとめテストの前に復習するためにかかせました。
1枚にまとめるためには本当に大切なことだけを選んでかかないと紙面におさまりません。完全に覚えていることはかかないという選択も必要です。
かきおわるまでに45分間、超集中状態で教科書を見ていました。



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ







2010年02月22日

電流と電磁石のマインドマップ

DSCI0001.jpgセントラル・イメージは電磁石の実験をやるときの私の姿です。過去何学年かこの実験をやって、エナメル線を絡ませる児童が一人もいない学級に出会ったことがありません。必ず何人かはエナメル線をめちゃくちゃに絡ませます。このブログを見てくださったかたで絶対絡ませない良い方法を御存じの方がいらっしゃいましたら何とか御教授ください。

 いままでは1実験1マインドマップで通してきましたが、今回は全ての実験の結果を1枚のマインドマップにまとめてみました。

 全体のまとめを考えるときは、こっちのほうが良いような気がします。比較実験の考え方が身についてきたのでマインドマップに全てをかかなくてもすむようになってきました。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年01月28日

ふりこの動きマインドマップ2

100128.jpg ふりこの動きのマインドマップです。今回がまとめのマインドマップになります。教室には所狭しと、学習で使ったマインドマップが掲示されています。前回の授業のマインドマップをみてすぐに確認ができるようになっています。
 始めてうちの教室を訪れた人は、かなり驚かれます。常時30枚以上のマインドマップが掲示されているからです。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2010年01月20日

ふりこの動きマインドマップ

DSC06204.jpg 実験の目的、用具、方法、記録、気づき、予告を1枚のマインドマップで見える化しています。児童個々のマインドマップでは、記録のところに同じ班のメンバーの計測結果がかかれています。模造紙マインドマップでは各班の一人のデータを抽出してかいています。また、気づきのブランチに書かれていることは児童の発表をもとにしたもので、他のことをかいている児童もたくさんいます。もちろんイラストやイメージはそれぞれみんな違います。
 理科の授業はグループで実験を行うことが多いため、マインドマップもグループで見せ合いながらかくことになります。そのため、それぞれの持ち味がシェアされてきます。
 次回は、条件を変えて実験を行う予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2009年02月25日

もののあたたまりかた_まとめ【理科でのマインドマップ】

090225_もののあたたまりかた0000.jpgもののあたたまりかたについて最後のまとめのマインドマップを描かせました。テストの前にかならず描かせています。また、テストが終わった後にマインドマップに足りなかったものを、付け加えさせています。

 さて、今回のマップ。なんで国旗?と悩んだのですが、「あ!なるほど!」と思いました。
 国旗だと思ったのは、暖かい空気が上に行くことのイメージなのです。児童なりの表現に脱帽です。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ









2009年02月24日

もののあたたまりかた_空気【理科でのマインドマップ】

20090224_0000.jpg金属、水と学習してきて今日から空気のあたたまりかたに入りました。
 これまでの学習でわかったことから、空気の暖まり方について予想させました。ほとんどの児童の予想は「上からあたたまる」でした。理由を述べさせると「水と同じように、流れることができるから。」でした。これまでの学習がしっかり身についているのでスムーズに授業が進みました。この仮説を検証することにしました。
 いつものようにマインドマップで手順を確認してから、グループごとに各場所に温度の測定に出かけました。
 児童は測定結果をそれぞれのマインドマップに記録していきます。
 測定終了後、理科室に集合してそれぞれの結果を発表し合いました。結果のブランチにそれぞれの結果を書き足していきます。
 最後にまとめました。

 ぴったり45分の授業です。

 ちょっとセントラルイメージがゆがんでしまったのですが、実験のイメージはとらえていると思います。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ






2009年02月14日

もののあたたまりかた【理科でのマインドマップ】

090213_155714_ed.jpg理科の最後の単元にはいりました。担任も児童もかなりイラスト力がつきました。
最近ピュアカラー(Fじゃない)の36色をかいました。Fより太いのですが色のバリエーションが多いのがとてもよいです。模造紙マインドマップには色鉛筆よりもピュアカラーがいいみたいです。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ





2009年02月09日

生き物の暮らし春夏秋冬【理科でのマインドマップ】

090209_1.jpg一年間通して学習してきた生き物のくらしを一枚のマインドマップにまとめたものです。とてもカラフルに楽しくまとめられています。

教科書と過去にかいたマインドマップを見ながらまとめていましたが、すでに頭の中に入っているようで、スラスラと描いていました。

マインドマップで情報を整理するのはかなり上達したなぁと感じています。いや、確実に私よりうまく整理している児童がでてきています。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


2009年01月30日

生きもののくらし 春夏秋冬【理科でのマインドマップ】

090129_003.jpg
090129_002.jpg
090129_001.jpg
090129_000.jpg

生きもののくらしについてまとめたマインドマップです。教科書のまとめとして春から継続して描いています。同じパターンで描いてきているので並べて掲示すると比較が簡単です。次の時間には、児童が春夏秋冬を1枚のマインドマップにまとめる作業をします。

さて、今回の授業で一番話題になったのは、私のマインドマップの変遷についてです^^

春のマインドマップは、5月1日に描かれています。
児童からは
「今のマップと全然ちがう!」
とか
「春のマップよりは今の○○○さんのマップのほうが上手だよ!」
などと容赦のない声がとんできます。

自分でもそう思っているので何とも言えません。

大きく変化したのは、秋のマップからです。ブランチがかなり今のスタイルに近くなっています。
その秋のマップと、今日描いた冬のマップを比べるとセントラルイメージの質がかなり向上しています。


授業のあと、児童は自分たちが最初に描いたマップをファイルから取り出して、大騒ぎしていました。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


2008年12月11日

テスト後のマインドマップ【理科のマインドマップ】

081209_006.jpg


081211_000.jpg


二つのマインドマップ、ほとんど同じですが、下のものは加筆されています。

上のマインドマップはテスト前にまとめとして描かせた物です。

下のマインドマップはテスト後に直しをさせながら加筆させたものです。

テスト前にマインドマップでまとめると言っても、なかなか完全に行かないものです。私のほうでもそれなりに重要なことに関しては黒板に掲示したマインドマップに赤で囲みをいれるなどするのですが、あからさまにテスト内容に合わせるわけにはいきません。

これを繰り返していくことによって、単元毎のまとめマインドマップの質が向上していくのではないかと思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

2008年12月09日

もののかさと温度のまとめ【理科のマインドマップ】

081209_000.jpgもののかさと温度のまとめをマインドマップで描かせました。この児童はかなりマインドマップに慣れてきています。イラストがとってもすてきです。セントラルイメージがちょっとすかすかなのが意外だったので聞いてみたら【空気】を表現しているのだそうです。他の人には見えなくても、描いた本人は【空気】を描いたのですね!!! 脱帽です。



081209_006.jpgこのマインドマップは細かいところをみるといろいろ間違っています。たとえば【大やけど】を【大や】【けど】とわけて見たり擬音の【ジュワー】を【ジュ】【ワー】とわけてみたり等です。
それでもこれを描いた児童は、おそらく私の学級で一番楽しんでマインドマップを描いています。実際何度も「楽しいな♪」と言いながら作業をしています。マップからもその気持ちが伝わってきませんか?楽しんで勉強できるということは全てをポジティブに変えていってくれると思います。




081209_010.jpgこのマインドマップは自分の言葉を多用して書かれています。
まとめの作業をするときはそれまでに授業で描いた模造紙のマインドマップを全て掲示しています。重要なことは全てマークされているので、それを見ながら描けば、それなりにまとまったマインドマップになるのです。
このマインドマップはそれだけではなく、自分が感じたことをしっかりと付け加えて描いています。ノートを見たら、普段のマインドマップにも私が描いたものの数倍のブランチが描かれていました。



これらのマインドマップを描くのに要した時間は10〜20分です。これが短いのか長いのかは比較対象がないのでわからないのですが、四年生児童としてはかなり短時間で描けているのではないでしょうか?

今回は、まとめのマインドマップを描かせたあとの展開も考えてあります。近日中に実践してまとめて公開したいと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


2008年12月02日

月と星のうごき【理科のマインドマップ】

081121_001.jpgちょっと前に描いたマインドマップです。マインドマップを多く描くようになってから掲示物の新陳代謝がはやくなりました。教室の上の方にあったので撮影できなかったのですが、この機会に掲載します。

このマインドマップで特に説明したいのは上のほうにある方角についてのブランチです。

 児童と話をしていて、方位磁針をつかって方位を調べることはできても、感覚的な東西南北は身についていないということが分かりました。

 なので、学校から見てそれぞれの方角に何があるかということを記述しました。

 地域に長くいれば方位感覚は身についているのですが、子どもたちにはそれがなかったのですね。役にたつマインドマップになりました。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

2008年11月20日

水の3つのすがたのまとめ【理科のマインドマップ】

081120_09.jpg水の3つのすがたのまとめマインドマップです。左側の水のめぐりについてはもう少しビジュアル的に工夫できたらよかったなと反省しております。

下の、ピンクのブランチはあとからつけたしたものです。これについては後述します。

単元の最後の時間をつかって、児童にまとめのマインドマップをかかせました。
この単元で描いてきたマインドマップを黒板や壁にずらりとならべて、各自で自由にA4一枚のマインドマップにまとめさせました。

それが以下のマインドマップです。

081120_00.jpg

081120_01.jpg

081120_02.jpg

081120_03.jpg


081120_06.jpg


あまりのできの良さに感動してしまいました。子どもの成長力は素晴らしいです。まっすぐに近かったブランチもうねうねと曲がっています。イラストのセンスは確実に担任を超えています。うかうかしていられません。ちなみに児童には一人一人に24色のカラーペンをもたせています。100円ショップのものですが、十分に使えます。

最初のマインドマップのピンクのブランチの話しにもどりますが、あれは、なかなか描けないでいる数名の児童へのヒントです。その場合でも
「先生もひまだから、あいてるところに何か描こう!」
といって、ストレートにヒントだとは教えません。そのうちヒントがなくても全員がかけるようになったらいいなと思っています。


2008年11月18日

改善!理科の実験マインドマップ【理科のマインドマップ】

DVC00002.jpgブログに実践を情報発信するようになってから、自分のマインドマップをじっくりと見直す時間が増えました。また、実践内容を文章にすることによって新たな発見や改善点が多数みつかりました。
このマップは、このブログをやることによって生まれたマップです。
まず、セントラルイメージです。実験の図そのものを書いてみました。理科においてスケッチをすることは大変重要です。一番丁寧に時間をかけて書くべきセントラルイメージに実験図を書くことは、かなり効果があると思います。
メインブランチも以前のマップよりも整理されました。


最近、授業でマインドマップを書くときに心がけていることは、あたりまえのことですが、丁寧に書くということです。担任がブランチを丁寧になぞったり、絵を多く入れたりすることによって、何も言わなくても児童のマインドマップの質も向上します。自分の修行にもなるし児童も成長するし、一石二鳥です。

また、授業でマインドマップを書くときは、ワード一つひとつを大きな声で言いながら書いています。どうしてもワードを自分で決められない児童や、担任と全く同じでないと不安になる児童のためです。もちろん、机間指導中に、独自のワードやイラストを描いている児童を発見したときは大声でその場で大げさにほめています。すると、教室中に伝染します。

2008年11月15日

水の三つのすがた【理科の授業でマインドマップ】

DVC00008.jpg理科の時間もマインドマップを活用しています。今回のマインドマップは実験のときのものです。実験の器具、手順、結果などを書いています。児童のマップには予想なども書かせています。

DVC00009.jpg児童のマップには予想なども書かせています。実験後の気づきやまとめも一枚に全部入るので、あとで教室に掲示したときに、最高の振り返り資料になります。



DVC00010.jpg児童のノートを見ると私が書いたものの数倍の絵がかかれています。それにカラフル!どんどん成長してきています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。