2011年05月26日

運動会を成功させるための全脳ファシリ

110526..jpg

 青森の奥地の前多です。

 久しぶりに全脳思考の活用についての記事を書いてみました。


続きを読む
posted by まえた at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

ストーリーから行動に落とすちょっとしたコツ

青森の奥地の前多です。

最近、ようやく全脳思考ファシリテーションを行う機会が増えてきました。

妄想ストーリーを解釈していくときに、行動を導き出すのではなく、「こうなったらいいな」という新たな妄想が出てくることがあります。

全脳に熟練している人たちを相手にしたときは、「そうするために取るべき行動は?」と問いかけてあげればいいのですが、初体験やそれに近い方々を相手にするときは、なんとなく流れが悪くなるというか場が冷めるような感覚があります。

そこで、最近やっていることは、ストーリーの解釈で導き出されるものが、行動レベルまで落ちていなくても、そのまますすめてしまうことです。そして、それらをつなぎ合わせて新たなストーリーとして、さらに解釈をし、行動に落とし込むことにしています。

3階層の全脳思考と勝手に呼んでいます^^

これを一度やっておくと、次からはスムーズに行動に落とせるようになります。
posted by まえた at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

全脳思考で言葉を見つける

 青森の奥地の前多です。
 先日、学級目標の文言が決まらずに困っていた同僚を全脳コーチングしました。
 イメージする学級の姿があるのにうまく文言にできずに苦しんでいたので、教務主任としてちょっと声をかけてみました。

続きを読む
posted by まえた at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

クラブ活動で全脳ファシリテーション

青森の奥地の前多です。

今日は児童を相手に全脳ファシリテーションを行いました。

続きを読む
posted by まえた at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

青森市で2回目の全脳思考勉強会

110409_zennoh..jpg

青森の奥地の前多です。

4月9日に青森市の西部市民センターで、私が所属する青森マインドマップ普及会主催の第2回全脳思考勉強会が行われました。

今回は、震災後の復興について考える会となりました
続きを読む
posted by まえた at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

全脳チャートのふりかえり

 青森の奥地の前多です。
 毎日のように全脳チャートをかいていると、課題が解決できたものと、解決できなかったものが出てくると思います。
 そんなとき、どのようにしているでしょうか?
 今回、私が心がけていることを3つ書いてみたいと思います。続きを読む
posted by まえた at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

教師の仕事と全脳思考について自分なりにかんがえたこと #zen_noh

 青森の奥地からアクティブに情報を発信する前多です。

 先日、愛知県から三人の教員が私のところへわざわざマインドマップの教育活用について話を聞きにきてくださいました。→その記事はこちら

 マインドマップについて語っている途中で、全脳思考についても質問をうけました。私のブログやツイートの中に、時々現れる言葉なので気になっていたようです。Google等で調べても、いまひとつはっきりしなかったようで、
「いったいなんなのですか?」
という感じの質問でした。

続きを読む
posted by まえた at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

デジタル教科書導入についての全脳チャート #zen_noh #e_textbook

ブザン公認マインドマップフェローの前多です。

年を越してしまったのですが、昨年度末に青森市で行ったデジタル教科書について考えよう! デジ教研meeting02 in aomoriというイベントでかいた全脳チャートについて詳しくまとめてみました。

以下、全脳思考について御存じない方には???な内容となりますので、途中をとばして5番のまとめのところを中心にお読み下さい。


もし、興味をもたれましたら、是非神田昌典氏の全脳思考を御一読下さい。




続きを読む
posted by まえた at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

小学生と全脳チャート #zen_noh

先日、小学生が直接全脳思考チャートを書くことに対して考えた記事で、


小学生は経験の絶対数が少ないので個人で書くより複数で書いた方が良いのではないかということを書きました。



しかし、書いてみたものの何となく引っかかっていました。


その後、児童とちょっとした全脳チャートをかいたときに気づいたことが、27日夜にツイッター上で開催されていた全脳クラスタアワーでのやりとりで自分の中にしっかり落ちてきました。


「児童が全脳チャートで妄想ストーリーから落としてきたステップは、児童が無理なく行えるステップである。」


大人である自分が児童が作った妄想ストーリーを解釈すると、どうしても大人の感覚、自分の感覚でステップに落としてきます。


しかし、それは大人だからのステップであって、実際に子どもが踏めるとは限りません。それと同じような解釈を求めること自体に無理があります。背伸びしたステップはおそらく放置して終わりになってしまうでしょう。




結論
「小学生であっても、当然全脳チャートは個別にかける。」






気になったこと
マインドマップの場合、「マインドマップをかく」とひらがなで書くように統一されていますが、全脳チャートは「書く」なのか「描く」なのか「かく」なのかで悩みます。
どれでもいいじゃんといわれればそれまでですが、ちょっと考えてしまいます。
posted by まえた at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

小学校での全脳思考活用について考えたこと #zen_noh

ずっと考え続けているのですが、最近ちょっとだけ形になりつつあるので、この辺で一度頭の中にあるものをアウトプットしておきたいと思います。


小学校での全脳思考モデルの活用には大きく分けて

 教師が全脳チャートをかく

 児童が全脳チャートをかく

の2つがあります。


教師が全脳チャートをかく場合も

 教師だけ(個人、複数)でチャートをかく
 
 教師が児童をコーチングまたはファシリテートしてかく

にわけられます。



いま、悩んでいるのは児童が自分で全脳チャートをかく場合のことです。

正確なことは良くわからないので、自分なりの解釈なのですが、全脳思考モデルでは潜在的なものを含む知識や経験の量が大きく関わってくると思っています。

そうすると、小学生の場合、生まれてからの年月が短いため蓄積しているものが少ないのです。

なので、最近は
「(全脳コーチングを含む)個人でかかせるよりも、グループでのファシリテーションが効果的」
なのではないかと考えています。人数が増えると知識や経験の総和が増加するからです。

でも、小学生が実際に踏めるステップには限界があるので(これもメンタルブロックか?)、その子なりの知識や経験から導かれたステップでも十分な気もしています。


結論として、これからの私の方向性

1 とにかく自分でかく
2 校内イベントや校内の諸問題(廊下歩行や挨拶など)でチームファシリテーションの機会を多くする。
3 軽い課題(冬休みの過ごし方等)から、児童に直接かかせる機会を増やしてみる。



そのうち、私が実践してる
「全脳思考チャートを利用した文章推敲術」
も、記事にまとめたいなあ。



posted by まえた at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

同僚の指導案検討の全脳チャート #zen_noh #mindmapJP

1895.jpeg本日、校内研修の高学年ブロック部会がありました。4年生の提案授業の指導案検討会でした。ここで全脳チャートを活用してみました。

本当は、全脳ファシリができれば最高だったのですが、時間がなかったことと、ちょっとだけ勇気がなかったので、話合いが煮詰まっているときに一人でチャートをかいてみました。全脳コーチングならぬ、全脳アドバイスです。

120%ハッピーの対象は架空のインドの少年です。なぜインドかというと、教材文が米の食べ方の違いを、日本とインドで比較している内容の文章だからです。

それまでの話合いで十分にダウンローディングできていたので、改善点が時間軸に沿って見えてきました。

その結果、十分に具体的なアドバイスをすることができたと思います。

全脳コーチングや全脳ファシリと違うのは、私一人でやっているから、今ひとつ共通理解が足りないということです。

同じ内容でも、授業者が自分で気づけた場合と、私からのアドバイスとして聞いた場合では、飲み込みが全く違います。

次は全脳ファシリを提案してみたいと思います。


話合いの途中でキーワードの抜き出しが、余分なところまで抜き出してしまうという悩みが出ていました。
マインドマップなら、自ずと解決するよと、さりげなく紹介しておきました。




posted by まえた at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

修学旅行を楽しく過ごす #zen_noh

DVC00296.jpg六年生が修学旅行に行く前の事前指導の一環として全脳思考モデルをつかって、楽しく過ごすための活動を考えてみました。

子どもたちは私が模造紙を黒板に貼った時点で「マインドマップだ!」と期待していたのですが、真ん中に書いたのはセントラル・イメージではなくて6つの四角でした。

????という空気が教室を包む中、ちょっと変わった思考実験であるということを告げて、ファシリテートを続けました。

120%ハッピーの対象はだれにするかと言っても、子どもたちはまったくピンと来ていません。時間も限られているので担任(青森全脳参加者)がドラえもんと決定しました。

「皆さんが楽しく幸せな修学旅行を終えたことによってドラえもんが120%ハッピーになって、皆さんにお礼を言いに来ました。さあ、なんて言ってる?」

子どもたちはシーンと静まりかえりました。

やばい…やっぱりファシリテーターが未熟だからかな…

仕方がないのでどんどん担任の知恵を借りて進めることにしました。担任が発言がきっかけとなってなんとか妄想ストーリーができました。

次に妄想ストーリーを現実の行動に落とし込んでいく段階に入りました。

やっぱり担任の手を借りて進めていきましたが、集合時間を守らない人がでる可能性がある、お金の管理でトラブルが生じる可能性があるなど、いろいろな気付きが得られました。

一部の子どもたちしか発言しなかったので失敗だなあと思っていたのですが、後ほど書かせた感想をみてみると、つまらなかったのではなく妄想ストーリーが現実の修学旅行に当てはまっていくことに驚いていたのだそうです。今度は違う課題でやってみたいと言う児童もいました。

時間がなくなったので解釈仕切れていない部分がたくさん残りましたが、放課後に担任とチャートを見ながらあれこれと解釈しました。講座受講者が複数いるとこれができるからとても良いです。

おそらく、修学旅行が終わると色々なシンクロが生じて、子どもたちは驚くと思います。

不思議なことでもなんでもなく、全員がそうなるように行動しただけのことだということをしっかりと伝えたいと思います。



posted by まえた at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

手放してしびれる感覚 #zen_noh #mindmapJP

全脳思考イントロダクション講座〜ファシリテーション特別講座受講して、これまで数多くのシンクロを体験して、その都度しびれて来ました。今回は、初めて手放した後にしびれるという体験をしたので記事にしたいと思います。

先日、自分が所属する研究会の先輩の祝言に行ってきました。

話には関係ないのですが、どうも結婚披露宴を「祝言(しゅうげん)」というのは一般的で無いようで、妻に「いつの時代の人?」と言われたのですが、ず〜っと昔から祝言と言い続けてきたのでこれからも貫き通す所存です。

その二次会の会場での会話のなかに、シンクロがありました。

相手は研究会の研修委員長さん。

7月17日に青森で全脳思考イントロ講座を受講した時にかいたチャートで120%ハッピーにする対象に選んだ方です。
そのときのチャートがこれです。
100722.jpg課題は3日間でスペシャルな指導案を書く!というものでした。石ヶ森先生のデモンストレーション前だったので、何となく我流の臭いが残っているチャートです。教師としては致命的なほど文字も破綻しているので、公開するのは恥ずかしいのですが、あえてアップしました。

妄想ストーリーでは、指導案と一緒にマインドマップを受け取った委員長さんが、マインドマップに興味を持ち、授業を楽しみにしてくれるというものだったのです。

チャート通り、3日間で指導案を仕上げてマインドマップと共に委員長さんにメールで送りました。勤務校が離れているので反応を確認することもできなかったため、このチャートについては一応終了したということで「手放し」ました。


その委員長さんと祝言の2次会で飲みながら話をしたのですが…しびれました。
チャートで妄想した通りの、いや、それ以上の話でした。
箇条書きでまとめると
・マインドマップを受け取って????と思った
・でも何か気になるので調べてみた
・とても興味を持った
・指導案に出てくるワールド・カフェも気になったから調べた
・おもしろそうだからやってみた
・思いっきり成果がでた
・ワールド・カフェにはマインドマップが必要だと思った
・マインドマップを覚えたいと思った
・私の授業を早く見たいと思った

という話でした。

アルコールが入っていたので、そのときは単に「うれしいなあ」くらいだったのですが、一夜明けて冷静に考えてみると全脳チャートとシンクロしていることに気づきました。

あくまでも私が取った行動が積み重なって得られた成果なのですが、やっぱりシンクロがあるとしびれますね。ドーパミンが大量放出されています。

ちなみにこれが添付したマインドマップです。
100905.jpg



この授業の現時点での指導案(ver.1)を見てみたい方はツイッターで @kumaya77 をフォローした上で私宛にその旨ツイートしてください。こちらでフォロー返ししたあとにDMでPDFファイルのURLを送らせて頂きます。

posted by まえた at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

遠隔全脳コーチング #zen_noh #mindmapJP

先日東京での全脳思考ファシリテーター講座受講中に

ツイッターで交流している井上寛規さん(本人の希望で実名)から

「今こそ私がマインドマップアドバイザー【以下MMA】を取得
する全脳チャートを!」

という依頼?がありました。

以前だったら、我流なので〜と断っていたのですが

講座の学びを定着させるためにもかいてみることにしました。

120%ハッピーにする相手や、シチュエーション、台詞、ギフト

等を井上さんからお聞きしたのですが、

遠隔地なので聞き取りにも限界があるので、アノマリーを自分で

追加して、思いっきり妄想ストーリーを暴走させました。

20100827114208.jpgかきあがったのがこのチャートです。

以下解説文です

今回は井上さんの「マインドマップアドバイザーを受講したい」という課題を解決すべく、検討いたしました。
背景については、井上様ご本人がクライアントであるため省略させていただきます。

検討した結果、仮説ではありますが、年内にMMAを受講することが可能になります。
名付けて「行け!新ステージへ!」プロジェクトです。

これを実施すると周囲の理解を得たうえでMMAが受講可能になります。
誠に申し訳ないのですが今回のプランでは受講費用についての解決策を見いだせなかったことを先にお知らせいたします。

このプロジェクトは3つのフェーズに分かれています。

第1フェーズは8月26日から10月6日にかけての期間で自分の本業についてブラッシュアップする段階です。
本業に関わる研修会や発表会、遠隔地の事例に対するサポートなどを通して、自分の本業の分野で足場固めをすることが重要です。

第2フェーズは10月6日から11月16日にかけての期間で周囲の理解を得る段階です。
このフェーズでは一時的に周囲との気持ちの乖離が起きる等して気持ち的に落ち込む可能性はありますが、良きメンターからのアドバイスを得ることにより周囲を巻き込み、さらには新たな理解者を得ることが期待できます。

第3フェーズは11月16日から12月27日にかけての期間で決断をする段階です。
時期的にマインドマップフェローの7期募集(予想)とも重なるだけに、慎重な判断で決断することが必要となります。周囲では大きな変化を続ける例も見られるでしょうが、それに惑わされない落ち着いた判断が必要となります。

このように実践した結果、マインドマップについての何らかの資格を得る
ことができ、さらには本業についても注目度が高まるという可能性があります。


最後に、井上さんとの約束ですので、
「この方は絶対にマインドマップアドバイザーに、そしてマインドマップフェローになります。」
と宣言いたします^^


このチャートのストーリーや解釈の説明を御覧になりたい方はツイッターで @kumaya77 をフォローした上で私宛にその旨ツイートしてください。こちらでフォロー返ししたあとにDMでPDFファイルのURLを送らせて頂きます。




posted by まえた at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

東京で全脳思考の講座を受講してきました #zen_noh #mindmapJP

4泊5日の行程で東京に講座を受けにいって来ました。

3日間の講座なのですが、あっという間でした。

マインドマップフェロー養成講座もあっという間に過ぎ去ったのですが、今回の全脳思考ファシリテーション講座は更に一瞬の出来事と認識されています。

その間、脳内では相対的に時間の進み方が変化していたのでしょう。

脳がかなりエネルギーを消費してくれたらしく、4日間飲み続けだったにもかかわらず、体重が減少していました。

たくさんの学びを得たのですが、それらを全て神田昌典さんからいただいたのではなく、その場にいた全員(神田さん、石ヶ森さん、スタッフの皆さん、受講生…)から学ばせていただきました。

全身至る所の欠陥に直接点滴で学びを注入されたような気持ちです。

明後日から新学期がはじまります。

このブログの方向性もかなり変化してきそうです。

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by まえた at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

長期出張で不在の担任を2学期始業式に120%ハッピーにする夏休みの過ごし方 #zen_noh

DSCF11052.jpg今日は勤務校の1学期終業式の日です。5年生の担任が長期出張で不在のため、夏休みの過ごし方の指導を行いました。元々はマインドマップで夏休みの過ごし方をまとめる予定でしたが、せっかく全脳イントロ講座を受講したので全脳チャートで考えてみることにしました。新しい物をすぐに使ってみたくなる性格なのです。ちなみにこの学級での全脳は初です。というか、本物の全脳に触れてから初の実践です。全脳思考という言葉は使わずに、「先生が最近勉強してきたとっても楽しくて新しいものの考え方」と説明しました。

【120%ハッピーにする相手】
すぐに子どもからでました。担任の先生です。

【妄想ストーリー】
秋田で研修中の○先生が、偶然奇跡的に生きていたマイケルジャクソンと友だちになる。マイケルは先生に宝くじを買ってくれた。その宝くじが10万円の大当たり。マイケルと先生は居酒屋でたっぷり飲む。焼き肉も食べる。そのうちマイケルが帰国することになり、悲しくなった先生はきりたんぽをやけ食い、おなかをこわす。研修がおわり家に帰ってきて家族に出会い、気分は急上昇。8月12日には二人目の子どもが生まれると電話が入る。夏休み終了直前に勤務を追えて家に帰ると、娘が紙おむつを卒業していた。さらにあの宝くじをよく見たら30万円当たっていたのでお祝いをした。


【妄想から子ども達が導き出したもの】
・友だちとあそぼう
・水分をとらないと熱中症
・冷たい物の食べ過ぎ注意
・家族とふれあえ
・外で遊べ
・お盆で集まった親戚や遊びに来ている友だちと仲良くしろ
・できることをもっと増やそう

とにかく楽しい1時間。子ども達も私も充実しきった授業でした。


この授業のもっと詳しい情報が欲しい方はツイッターで @kumaya77 をフォローした上で私宛にその旨ツイートしてください。こちらでフォロー返ししたあとにDMでPDFファイルのURLを送らせて頂きます。
posted by まえた at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

全脳思考イントロ講座受講後 #zen_noh

7月17日に初の地方開催の全脳思考イントロ講座が青森で行われました。非常に刺激的な講座で規定の時間があっという間に過ぎました。このような講座の受講経験がなく、全脳思考について全く知識がなかった私の妻もどっぷりと全脳思考の世界にはまっていました。

講座を招致した者の特権?で次の日も講師のsaeさんとお話する機会をもつことができました。

講座もすばらしかったのですがそこでも色々な学び、気づき、ひらめきのたねをいただきました。

会話の中で妻が特別支援学級の担任をしていて悩んでいることを伝えると、twitter上で知り合いで専門家である@hiiro_i さんに相談してみたら?と言われました。

帰宅後、夜に@hiiro_i さんにDMを打って寝ました。

朝方、私のガラケーがなりました。TwitterにDMが来るとガラケーに通知するようにしているのです。

確認すると@hiiro_i さんからの連絡

何も言わず青森市のアスパムにある八甲田という部屋に行ってみてくださいとのこと。???だったのですが、一緒についてきたリンクをクリックしてみると そこには

第一人者が来て自閉症支援のセミナーが行われているとのこと!

これだけでもしびれる展開なのですが、もっとしびれるのは

私が全脳講座会場にノートを忘れてきていて、その日の朝に取りに行くことになっていたこと。その会場と自閉症支援セミナーの会場は極めて近い場所にあるということです!!!


そのほかにもしびれる展開が細々とあるのですが、全脳ユーザーの方々はこういう体験をたくさんしているのでしょうね。


posted by まえた at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

全脳思考イントロダクション講座in青森!!〜おいら、沖縄に行っちゃうぞ!〜 #zen_noh #mindmapJP

DSCF1086black.jpg6月12日から動き続けてきた全脳思考イントロダクション講座in青森が数時間前に終了いたしました。この講座は初の地方開催の講座で正式な講座として青森で開催されました。

この講座が開かれるまでたった1ヶ月強でしたが、いろいろなことがありました。それを書くだけでかなりの文量になるのですが、今は会えて書きません。過去の苦労話よりも今の感動の方を書きたいからです。

講座の内容は自分が予想していた以上にクオリティが高く、自分が抱えていた疑問をほぼ解消してくれました。これだけでかなりの感動なのですが、本当の感動は本講座修了後に希望者だけが残って行われたデモンストレーションでやってきました。

@ishigamori_sae さんが
「だれか、この場で解決してほしい問題はありませんか?」
と聞いてきたのですが、東北人のひかえめという名の消極性でだれも手をあげませんでした。
そこで私が
「1月の沖縄イベントに行きたいのです。」
と言ってみました。同席している妻にしてみれば、寝耳に水です。しかし、この機会を逃すわけにはいかないのです。

そしてできあがった全脳チャートがこれです。最初はみんな口を開かずに@ishigamori_sae と私だけのやりとりが続いたのですが、ぽつりぽつりとみんなが口を開き始めました。
「これが全脳ファシリテートか!」

詳しいことは書きませんが、このチャートをみたら、私は沖縄に行けるのです。それだけじゃなく、その後に取材を受けるのですよ。私じゃなくて勤務校が。

このチャートを同席した同僚5名と共有できたことにも大きな意味があると感じています。

baby stepは
「懇親会で楽しく飲食する」
でした。しっかり踏みました。

posted by まえた at 01:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

7月17日(土)全脳思考学校誕生!? #zen_noh #mindmapJP

おそらくこの日は歴史的な日となるはずです。日本初かもしれない全脳思考学校が誕生するからです。

全脳思考®イントロダクション講座が、いよいよ7月17日(土)に青森市で開催されます。
地方では初の開催です。
講師は石ヶ森久恵さん。
フォトリーディング、マインドマップのインストラクターで全脳思考ファシリテーターでもある方です。

なぜ青森で行われるのか?

それは講師の石ヶ森さんが、ツイッター上での私の願いに応えてくれたからです。

この講座、最初のうちは講師名も受講料も伏せた状態で募集していました。ツイッター上での呼びかけと知り合いへのメール送付、そして職場の先生方へのチラシ配付です。

正直、職場からの参加はあまり期待していませんでした。学期末で忙しい時期だし、有料だし、全脳思考知らない人ばかりだし…

しかし!意外なことに職場の同僚から参加の手が上がりました!それも5名も!
教員数15名のうち、私も含めて6名が一度に全脳思考イントロ講座を受講するのです。これは全脳思考学校が誕生すると言っても過言ではないでしょう。

そして、講師が石ヶ森さん…

とってもワクワクすることが起こりそうです。

このワクワクを共有したい方、一緒にイントロ講座を受講しませんか?

http://kokucheese.com/event/index/2035/

↑こちらのフォームで申し込みできます。
posted by まえた at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

学校訪問の全脳思考チャート #zen_noh

20100616130134.jpg明日の学校訪問で訪問者を120%ハッピーする全脳チャートをかきました。Baby Stepは説明の時に読むメモマインドマップを綺麗にかくことです。

正直な話、学校訪問はどちらかというと大変な行事です。できれば避けて通りたいです。しかし、今回は何となく楽しみです。こんな気持ちになれただけでも全脳チャートをかいて良かったです。
posted by まえた at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 全脳思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。