2012年09月15日

パズルのように組み立て直す

120913_江戸の文化まとめ_9.jpg

このマインドマップは、江戸の文化の学習のまとめマインドマップです。

児童にマインドマップを説明するときに、一番難しいのは構造化だと言われています。

構造化ができていないマインドマップは、放射状にかいた箇条書きでしかない場合があります。

このマップを書いた児童はとても上手に構造化しています。

実はこれ、授業で私と一緒にかいた板書マインドマップをリライトしたものなのです。

でも、ただのリライトではありません。いったんバラバラにして児童なりに再構築して1枚にまとめています。

構造化できているマインドマップを習得するコツはいくつかあります。いったん構造化されたものを、違うまとめ方で再構築することも、その一つです。バラバラにして組み立て直すと構造が、そして内容が理解できてきます。

マインドマップの再構築を繰り返していけば、自ずとまとめかたが分かってきます。

日本全国の教育現場に、マインドマップのような、学びが楽しくなる手法が普及してほしいなと思っています。

2012年09月14日

江戸の文化の学習のまとめマインドマップ1

615689_359324267476237_1219198395_o.jpg

江戸の文化の学習のまとめマインドマップです。うちの6年生は、ほぼ毎日このくらいのマインドマップをかいています。それも嫌がらずにです。

なぜ、嫌がらずにかいている断言できるかというと、他の教科のプリントや宿題は忘れる児童でも、マインドマップは提出するからです。

マインドマップを学級でつかってみたいが、導入に時間がかかるから躊躇しているというお話を耳にすることがあります。

たしかに、導入するためには少しだけ特設の時間が必要です。最低でも2時間はほしいところです。でも、たった2時間の投資が、後々に大きな成果をもたらしてくれるのです。やるなら、早いうちにやったほうが良いと思います。

だって、しぶしぶ宿題をやってくる子が、ひょろこんでマインドマップをかいてくるようになるのですよ。

まずは、やってみましょう。マインドマップにはいろいろなルールがあり、それらを意識することで効果が大きくなるのですが、まず、手を出すことのほうが重要です。

正しいマインドマップをもとめて手をださないよりも、我流でもよいから早めに導入したほうが良いと断言します。

自分で考えて教科書をまとめられるようになるマインドマップ。テスト勉強の仕方の一つとして、中学校へのお土産になると思います。



↓私の実践が紹介されています。

2012年09月13日

修学旅行のしおりをハガキサイズに印刷したらメチャクチャ作業が楽になった

6年生の担任が修学旅行のしおり印刷をしていました。非常に忙しそうなので、私が引き受けることにしました。
担任の先生からは
「児童がスケッチブックに貼るので、B5に2枚印刷して、裁断してください。」
と言われました。

言われたとおりにやってみたら、小さめのスケッチブックからはみ出しました。
12091301.jpg

担任にそれを伝えたら
「貼る前に、ちょうど良いサイズになるように児童に切らせるます♪」
とのことでした。

なるほど!と言われた通りにやってみたら、結構めんどくさいのです。がさつな私が切ると、曲がってしまいました。
12091302.jpg

しおりは24ページほどあるので、この作業を24枚やるのはかなりの手間です。担任からは児童に1時間(小学校なので45分)で作業させたいということを聞いていました。絶対無理です。

普段から、いかにして効率的に作業するかを考え続けている私なので、なんとかならないか、頭を働かせてみました。

そこで、思いついたのが、ハガキサイズの用紙に印刷すること。ちょうど目の前に、どこかの学年が書写の練習用に作ったハガキサイズのコピー用紙のあまりがありました。

試しにそれに印刷してみました。
12091303.jpg
ちょっと小さめですが、十分な大きさです。担任にお話して、このサイズで進めさせていただくことにしました。

ハガキサイズにしたところ、結構なメリットが見つかりました。

1 ほぼA7サイズなので裁断が楽である
郵便ハガキのサイズは100×148mmです。これはほぼA7サイズです。1枚のA4用紙から4枚作れます。学校にある裁断機を使うと一気に大量生産できます。切れっ端も発生しないので経済的でもあります。

2 スケッチブックよりかなり小さいので作業が雑な児童でもはみ出さずに貼れる
スケッチブックぎりぎりのサイズにすると、貼るときに苦労します。作業が丁寧な児童であればはみ出さずに綺麗に貼れますが、そうでない児童のしおりは、大変な状態になります。ハガキサイズだとかなり余裕があるので、少しぐらい曲がってもはみ出さずに貼れます。

3 印刷の設定が簡単である
希望するサイズで印刷するために、何度も縮小コピーを繰り返したり、電卓で計算して縮小率を割り出したりすることがあります。ほとんどのコピー機や印刷機は、ハガキサイズへの縮小がデフォルトで用意されています。また、プリンタで印刷するときもハガキサイズへの縮小が、ドライバの設定に用意されています。これらを使えば誰でも簡単に印刷できます。

ちょっとした工夫をするだけで、めんどくさい作業が簡単になります。簡単になると児童のミスがへったり、時間が短縮されたりします。児童も教師もニコニコです。


「私は別にハガキサイズを使わなくても、こまっていないぞ!」
とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、案外、自分が困っていることに気付いていないだけかもしれませんよ。

ハガキサイズ印刷は、修学旅行以外にも使い道があります。私は、さっそく社会科の補助資料をハガキサイズで印刷して配付しています。

ハガキサイズ印刷、こんな使い道がありますよ!という例がありましたら、是非教えて下さい。

12091304.jpg
ちなみに、スケッチブックの最後には私が手作りしたミニ白紙ノートがついています。もちろん、修学旅行の見学先でたっぷりマインドマップをかいてくるためです。

posted by まえた at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

浮世絵の広がりマインドマップ

ukiyoe.jpg

浮世絵の広がりのマインドマップです。セントラルイメージは版画を彫るジョニーです。次の授業へのちょっとした仕掛けもあります。

This mindmap is the learning of diffusion Ukiyo-e.Central image is Johnny who has carved prints.I have a hint of spring to the next class.


私の事例が書籍で紹介されました。30代 男性 教師 として紹介されています。
是非お読み下さい。

2012年09月04日

「ふだん使いのマインドマップ」に私の事例が紹介されました



矢嶋美由希さんの著書「ふだん使いのマインドマップ」に私の事例が紹介されました。

30代 男性 教師 の事例です^^ 現在40代ですが、当時の年齢で出ています。

これまでのマインドマップ本とは、明らかに方向性が違う1冊です。
これまでのマインドマップ本では、かき方が最初の方に出てくるのですが、この本は最後の方。
まずは、どのように使われているのかをたっぷり見て欲しいという著者の気持ちが伝わってきます。

単純な事例集ではなく、一つ一つの事例を本当に丁寧に扱ってくれています。単純に事例をつなぎ合わせたものとは訳が違います。

マインドマップインストラクターらしく、本の構造化がしっかりなされているのでとても読みやすいです。

posted by まえた at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

歌舞伎の広がりの学習

120830.jpg
2学期最初のジョニーです。隈取りをした歌舞伎ジョニーです。33度の教室で、汗を流しながらかきました。

It is the first Johnny semester 2. It is made a Kumadori Johnny Kabuki. I wrote this in a classroom of 33 ℃. I was sweating.

2012年08月29日

夏休みの宿題マインドマップ2

191172_353915018017162_1199557429_o.jpg

これは児童が夏休みにかいたマインドマップです。セントラルイメージがとても素敵です。

This is a Mindmap that children painted to summer vacation. The central image is very nice.
posted by まえた at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

夏休みの宿題マインドマップ

265472_353578991384098_605839931_o.jpg

夏休みが終わりました。これは2学期最初のマインドマップです。夏休みの宿題です。
長い時間を使ってたっぷりかき込んでいます。

Summer vacation was over. This is a Mindmap of the first the second semester.It is the homework of summer vacation. She writes a lot with a long period of time.
posted by まえた at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

学校の先生も、もっとソーシャルネットワークを使おうよ

a0002_001091.jpg
学校の先生も、もっとソーシャルネットワークを使うべきです。
理由は次の3つです。

  • 距離に関係なく人と繋がれる

  • いろいろな職業の人と繋がれる

  • 子ども達は間違いなくソーシャルネットワークに入り込んでいく



距離に関係なく人と繋がれる


 SNSに距離は関係ありません。ネットさえあれば、いつでもどこでも誰とでも繋がることができます。特に地方に住んでいる教員は有効に活用するべきです。全国の同業者と繋がり情報を交換することができます。
 地域の同業者との繋がりだけで十分ではないかと言う声もあるでしょう。繋がってみればわかりますが、教師の世界はけっこうローカルルールがまかり通っています。
 いわば、プチ鎖国状態です。地域だけで通用する常識で子どもたちを教育することはとても危険です。学校を卒業した子どもたちが巣立って行くのは狭い地域ではなく、日本全体、世界全体であるため、それに対応できる教育を施す必要があります。
 全国の同業者と繋がり、自らを開国しましょう。

いろいろな職業の人と繋がれる


 教員の世界は非常に狭いと言われています。基本的に子どもとその保護者、そして同業者のみとの繋がりでも生活していけますので、間違った認識ではないと思います。
 教師が異業種と繋がることは子どもたちにとってとても大切なことです。なぜなら、子どもたちは全員が学校の教師になるわけではないからです。むしろ、教師になろうとする子どものほうが少ないでしょう。
 多様な夢をもつ子どもたちに接する教師が、教師の世界しかしらない人間であってはいけません。
 SNSには様々な職種の人間がいます。多くの方々と繋がり、子どもたちのために人脈を築きましょう。
 その際、気をつけて欲しいことは、こちらの身分を隠さないということです。教師であることを隠してネットをやっている人は意外と多いのです。われわれの職業はかくさなければならないような恥ずかしい職業なのですか?と質問したくなります。
 後ろめたいことがないのなら、堂々と職業をあかして交流しましょう。

子どもたちは間違いなくSNSに入り込んでいく


 実はこれが一番の理由です。教師が
「私はネットが苦手」
だとか
「バーチャルなつながりは嫌い」
だとか言うのは自由ですが、子どもたちは間違いなくSNSの世界に入っていきます。いや、すでに入っています。
 今時の高校生のほとんどは最初からスマートフォンを買い、当たり前のようにTwitterやFacebookを使っています。中学生もまたしかりです。
 携帯を持っていない小学生でもSNSを使えるのをご存じでしょうか。
 いまや3DSやPSPといったゲーム機でもTwitterやFacebookができるのです。事実、私は自分の学校の5年生児童からFacebookの友達申請がきました。学校では特にきまりはなかったのですが、Facebookの利用規約違反であることとネット犯罪に巻き込まれるおそれがあるため保護者に連絡してアカウントを停止してもらいました。その後、全体でネットの使い方についての授業を行いました。
 これは私がFacebookをやっているからわかったことです。やっていなかったらいつまでも気づかなかったでしょう。


 教員だからSNSなんてやらなくていいと言い訳するのではなく、教員だからこそ進んでSNSを活用してもらいたいものです。
posted by まえた at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

TODOリストを活用してカラーペンの在庫管理

授業でマインドマップを活用している先生方でしたら、きっと教師にはたくさんのカラーペンがあることでしょう。私は三菱のプロッキーを使っています。色数が豊富なのでとても便利です。さらに替え芯があるのでとても経済的です。



Image.jpg
私は授業中にインク切れで困らないように大量の替え芯をストックしています。プロッキーは色数が多いので在庫管理が大変です。在庫数を把握できず、必要な色がなかったり、あまり使わない色が大量に余っていたら、何のための替え芯ストックなのかわかりません。


そこで私が活用しているのはiPhoneアプリのoutlineです。TODOリストとして活用するのが一般的なのですが、私はこれにプロッキーの替え芯の在庫を登録しています。ここでポイントとなるのが登録の仕方です。「青2本」と登録するのではなく、「青」「青」と1本ごとに別のリストとして登録します。これで、芯を交換したら、リストにチェックを入れて削除するだけです。いちいち編集画面を開いて数量を書き換える手間はいりません。
写真.PNG


私はこの方法でハイテックCコレトの替え芯のストックも管理しています。


この方法のもう一つの利点は、GoogleTasksと同期できることです。同期は手動なのが残念なのですが、パソコンで一気に在庫を登録して、現場ではiPhoneでチェックすることができます。


色ペンの在庫管理で苦労している方がいらっしゃいましたら、是非お試しください。
posted by まえた at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

鎖国の学習のマインドマップ 児童のメモ書きがすばらしい

256217_341072805968050_1292337556_o.jpg

児童のマインドマップです。鎖国の学習です。
右下の身分に関するメモ書きは、児童が自分で考えたモノです。

This is a MindMap was written by children.It is the learning of national isolation policy.There are notes to the lower right corner.It is thought that children themselves.

2012年07月14日

1学期のまとめマインドマップ4

336055_339506089458055_1908202045_o.jpg

児童がかいたマインドマップです。1学期の社会科のまとめです。これは素晴らしいマインドマップです。
セントラルイメージも、構造化も、デコりも、全て完璧です。感動しました。

This is a MindMap was drawn by children. Social studies is a summary of the first semester.
What's great MindMap!Central image, structuring, and decoration…They are all perfect.
I was deeply touched.

2012年07月13日

江戸幕府の学習

396067_338899709518693_317708056_n.jpg

本日の模造紙マインドマップ。江戸幕府の学習です。セントラルイメージは、お金を使い果たしたジョニーです。
最近、児童のマップが素晴らしいので、私のマップの公開を躊躇してしまいます。

This is a MindMap of today's class. It is the learning of the Edo Shogunate. Central image is Johnny who ran out of money.
MindMap of the children is wonderful.
I hesitate to publish my MindMap.

2012年07月10日

1学期のまとめマインドマップ3

256440_338343576240973_222724094_o.jpg

児童がかいたまとめマインドマップです。かき込むだけがマインドマップではありません。このマインドマップはあっさりしていますが、見事テストで満点をとったマインドマップです。春からのテストやプリントで間違えたところを中心にチョイスしたのだそうです。

This is a MindMap was written by children. Social studies is a summary of the first semester. This MindMap is plain. However, he took a perfect score on this test by using the MindMap. It summarizes the center where you make a mistake so far.

2012年07月09日

1学期のまとめマインドマップ2

177869_337862359622428_752856487_o.jpg

児童がかいたマインドマップです。1学期の社会科のまとめです。セントラルイメージは鳩。学習内容には全く鳩が出てきません。なぜ鳩なのかを尋ねたら
「鳩は時代を飛び越える」
のだそうです。
子どもの発想は素晴らしい。

This is a MindMap was written by children. Social studies is a summary of the first semester.
Central image is a pigeon. The textbook is not listed pigeon. I asked whether it is why pigeon.
She said, "pigeons jump over the age"
Children are great.

2012年07月08日

1学期のまとめマインドマップ1

473973_337317179676946_1473456414_o.jpg

児童がかいたマインドマップです。1学期の社会科のまとめです。テストの前の日に宿題としてかかせます。テスト直前には、3分間集中して眺めさせます。そして、テスト後には足りなかったところを追記させます。

This is a MindMap was written by children. Social studies is a summary of the first semester. It was written as homework the day before the test. Before starting the test, children are looking to concentrate on this for 3 minutes. After the test, children will be noted that the did not remember.

2012年07月06日

教育番組を視聴しながらのマインドマップ

288140_336852323056765_233379919_o.jpg

このマインドマップはNHKの教育番組を視聴しながら児童がかいたものです。NHKの番組は、内容がうまく整理されているので、マインドマップにしやすいのです。

This MindMap is written by children while watching educational programs of NHK. NHK's program is much easier to to MindMap. Its contents are organized easy to understand.

2012年07月04日

児童の予習マインドマップ

581278_326547580753906_2001675153_n.jpg

児童の予習マインドマップです。予習マインドマップを見取るとき、書き込みの量に目が行きがちですです。丁寧さと情報の精選も見逃せないポイントです。

この児童のマップは非常に丁寧に、よく考えてかかれています。

書かせるだけなら誰でもできます。教師ならば、見取るための目を養いたいものです。
posted by まえた at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

特別じゃないマインドマップ

マインドマップ


5年生が総合の時間にマインドマップでメモをとっていました。マインドマップでメモをとることで、資料の丸写しから脱却できます。このあと、マインドマップをもとにして新聞にまとめる予定だそうです。
授業におけるマインドマップは中間生成物だと、校内で言い続けてきたのが、浸透しつつあります。
posted by まえた at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

マインドマップと縄文時代

2012-06-15 10.22.16.jpg
マインドマップは色をたくさん使うことを児童に勧めています。
予習でかくミニマインドマップや、授業中にかくマインドマップは、スピード重視なので単色でもよいことにしているのですが、復習のフルマインドマップはカラーでかくことを必須としております。

ときどき単色のままのマインドマップを提出する児童がいます。ほとんどの場合は体育系男子。
その場合、色ペンや色鉛筆でなぞってから再提出させています。

三内丸山遺跡見学のまとめを魅せマップで提出させたところ、3名ほど、単色マップを提出してきました。
色をつかわない理由を尋ねてみると、
「時間がありませんでした。」
とのことでした。

強権発動で色塗りさせるのは簡単なのですが、それだと動機付けが外発的になってしまうな〜と考えていたところ、ある記事が目に入りました。
それは、縄文時代のお墓から大量の菊科植物の花粉が発見されたというものです。
これだ!と思い、児童に色の重要性を語ってみました。

以下、私が児童に語ったことを、津軽弁から共通語に翻訳して、要約したものです

縄文時代のお墓の跡から、お花の花粉が大量に発見されたそうです。
これが何を意味するかというと、昔の人々もお墓に花を供えていた可能性があるということです。
おそらく、縄文人も花をみて綺麗だと思っていたのでしょうね。気になってネットで調べてみたのですが、世界中どこを探しても、花を綺麗だと思わない文化はないようです。
世界中の人々が昔から花を美しいと感じている。これは、だれかが決めたことでしょうか?違いますね。おそらく、花を美しいと思うことは人間の『本能』です。
じゃあ、花の何が美しいのでしょうか?姿や形という人もいるかもしれませんが、やっぱり色ですよね。
色があると人間の本能は喜ぶのです。言い換えると、脳が喜ぶのです。
縄文時代で色がない状態とはどんな状態でしょう。そうです、夜です。日が暮れてくるとだんだん暗くなって、周囲から色が消えていきます。真っ暗闇は怖いですよね。不安になります。脳は不安な状態では、命を守ることに集中するので、勉強にはあまり向かない状態です。 マインドマップに色を使うと頭に良いのは、人間の本能なのだと先生は思っています。色をつかうのが得意でない人も、ブランチを色でなぞる程度で良いので、フルカラーのマインドマップを提出してください。
ちょっと無理がある話かもしれませんが、少しは児童に響いたようで、今のところ単色マップを提出する児童はいなくなりました。

※最初から人に見せる=掲示することを前提としてかくマインドマップを私が勝手に魅せマップと呼んでいます
posted by まえた at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。